「IT人材」の記事一覧

IT・ビジネス知識
未経験でもITエンジニアになれる?その実態や具体的な転職方法を解説

ITエンジニアに転職したいものの、「未経験であるためにどうして良いかわからない」「未経験者がITエンジニアになれるのか不安」という方は少なくありません。

本記事では、未経験者はITエンジニアに転職できるのかといった疑問から、向いている人の特徴、具体的な行動について解説するとともに、企業の選び方や勉強方法なども合わせて、解説します。

\今より年収をあげたいあなたへ/簡単60秒で会員登録

IT・ビジネス知識
【例文あり】エンジニアの志望動機|書く際のポイントや具体例を解説

ITエンジニアに転職したいと考えたものの、未経験であるために、志望動機をどのようにかけば良いのか迷ってしまう方は少なくないでしょう。
ここでは、未経験者がITエンジニアを目指す場合に、どのような志望動機を書けば良いのか、そのコツを紹介します。未経験だからこそ志望動機でアピールしたいポイントや書いてはいけないNGな内容、そして企業タイプ別の例文も用意しているため、ぜひ参考にしてください。

\フリーランスになることに興味があるあなたへ/
簡単60秒で会員登録

IT・ビジネス知識
エンジニアになるには?必要なスキルや転職するためのステップを解説

今後の将来性などを考え、ITエンジニアを目指したいと考えるようになったものの、未経験を理由に躊躇している方もいるのではないでしょうか。ITエンジニアになるための学習方法や具体的な手順がわからないという方も少なくないでしょう。

そこで本記事は、未経験からITエンジニアになるために適した学習法やITエンジニアになるための具体的なステップを解説します。

\フリーランスになることを検討しているあなたへ/
簡単60秒で会員登録

基本 情報 技術 者 試験 と は
スキルアップ
基本情報技術者試験とは?難易度や合格率・免除など制度概要について

基本情報技術者試験は、2023年4月から通年化されました。このことを受け、今後ますます受験者の増加が見込まれます。そこで今回は、ITエンジニアとして理解しておくべき基本情報技術者試験の試験内容やメリット、合格率、受験までの流れについて解説していきます。

\スキマ時間に案件を見てみる/

フリーランス
エンジニアが作成するスキルシートとは?目的や作成方法を徹底解説!

エンジニアが保有するITスキルを記述した「スキルシート」は、完成度が高くなるほど、自身のスキルに見合った良い案件を獲得できる可能性が高まります。クライアントとのミスマッチを防止するための材料にもなるため、事前準備を十分に行い、精度の高いスキルシートを作成しましょう。

本記事では、スキルシートを作成する目的や実際の作成方法、より良いスキルシートを作成するためのポイントなどについて解説します。

\エンジニアのセルフブランディングのポイントを紹介!/

女性エンジニア
フリーランス
未経験から女性エンジニアに転職するメリットは?現状や課題も解説

女性エンジニアの割合は、他の職種に比べ少なめです。しかし女性だとエンジニアになるのが難しいわけではなく、むしろ現在では未経験歓迎の求人倍率なども上がっています。女性エンジニアの年収は女性の平均年収としても高く、専門職のため注目も集めています。女性エンジニアにつきものの課題も含め詳しく解説していきます。

\エンジニアのセルフブランディングのポイントを紹介!/

it エンジニア
言語・職種
ITエンジニアの仕事内容とは?種類、年収、将来性を解説

ひと口にITエンジニアといっても、専門性によって職種は細分化されています。ITエンジニアとして活躍したいと考えたとき、どのようなスキルを身につけるべきなのかは、目指したい分野によって大きく異なります。

ITエンジニアの分類は、大別して開発系エンジニア、インフラ系エンジニア、そのほかの3種類ありますが、それぞれの分類のなかでさらに細分化されています。本記事では、ITエンジニアの職種や年収、向いている人や将来性などについて解説します。

\通信業界案件多数!/

ITパスポート とは
IT・ビジネス知識
ITパスポートとは?資格取得のメリットや合格率・魅力などを解説!

ITパスポートとは、近年注目を集めている情報処理技術者の入門ともいえる資格です。試験開始から10年超で受験者数は110万人を超えました。企業や大学などへの導入も進んでいます。ここでは、ITパスポートの概要やメリット、合格率、出題範囲、受験までの流れについてお伝えします。

\スキマ時間に案件を見てみる/

society 5.0 とは
IT・ビジネス知識
Society5.0(ソサエティ5.0)の目的をわかりやすく解説

Society 5.0とは、日本が提唱する未来社会の姿です。いずれ諸外国が直面するであろう課題にいち早く取り組み、経済成長と社会的課題解決の両立を目指す仕組みでもあります。
ここでは、Society5.0の目的や解決しようとする課題、それを支える技術、分野別の事例を紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

スキルアップ
ITスキルとは何か?ITSSの具体例や高めたいITスキルについて解説

IT技術者として活躍するためには、身につけておきたいスキルが数多くあります。プログラミングスキルやネットワーク知識などの技術面だけでなく、コンサルティング力やマネジメント力などのソフト面のスキルも重要です。 ITスキルを身につけるためには、スキルの棚卸しを行い、自分に必要なスキルを見極めることが求められます。本記事では、ITSS認定資格の具体例やIT技術者として高めたいスキル、それらのスキルを身につけるための具体的なステップについて解説します。

スキルアップ
IT人材のキャリアパスとは? ~その幅広い可能性について~

IoT/AI/Fintech等による技術革新は従来にないスピードで進行しており、これら技術革新は「第4次産業革命」とも表現されています。日本においても当該時技術革新を産業・生活に取り入れることで、「Society5.0」※を世界に先駆けて実現していくことを目指しています。 (※Society5.0:仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(内閣府HPより))

それでは、新たな技術革新により、従来のIT技術は淘汰されていくのでしょうか?いいえ、日本は技術ありきの経営よりも、お客様目線のサービスありきの経営が根強い傾向がありますし、ドラスティックな技術要素は企業としても設備投資が追いつかないため、新たな技術要素へはゆるやかな変遷となり、当面は従来型IT技術との融合型になると予想されます。

また、従来型のIT技術は既に重要な経営基盤ともなっていることから、従来型IT人材はまだまだ必要とされることでしょう。ここでは、従来型ITのキャリアパスを整理してみようと思います。

\エンジニアのセルフブランディングのポイントを紹介!/

スキルアップ
IT人材が『仕事の壁』を乗り越える必要条件とは? ~その答えはマインドセットにあった~

IoT/AI/VR・AR/FinTechを代表とする“ITの進化”により、ビジネス環境変化のスピードを実感する機会が増々増える現在、その環境を支えている(もしくは加速させていると言ったほうが良いかもしれません)IT企業に数年間働いた方、もしくはフリーランスとしてITの仕事に就いている方で、“『仕事の壁』にぶつかったことが無い”と言える人はどれぐらいいるでしょうか。

では、その壁を乗り越えるための必要条件とは何か?一緒に考えてみませんか?