IT・ビジネス知識

エンジニアになるには?必要なスキルや転職するためのステップを解説

更新日 2024/04/25

今後の将来性などを考え、ITエンジニアを目指したいと考えるようになったものの、未経験を理由に躊躇している方もいるのではないでしょうか。ITエンジニアになるための学習方法や具体的な手順がわからないという方も少なくないでしょう。

そこで本記事は、未経験からITエンジニアになるために適した学習法やITエンジニアになるための具体的なステップを解説します。

\フリーランスになることを検討しているあなたへ/
簡単60秒で会員登録

未経験でもITエンジニアになれる

ITエンジニアへの転職を考えているものの経験がなく、どのように勉強すればよいのか、どうすれば転職できるのか悩んでいる方は少なくありません。
結論として、未経験からITエンジニアになることは可能です。以下で、その根拠となる理由を紹介します。

フリーランスエンジニアの案件紹介サービスTECH STOCKにはITエンジニア求人が多数ございます。フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCKにお任せください。

\エンジニアに興味があるあなたへ/

ITエンジニアは不足している

現在日本で、ITエンジニアは不足している状況です。経済産業省が公表した『IT人材の需給に関する調査』(※)によると、2030年には最大で79万人IT人材が不足するという予測も出ています。こうした背景から、多くの企業はITエンジニアの獲得に力を入れている傾向です。

また、日本では小学校が2020年度から、中学校は2021年度からプログラミング教育が必修化されました。プログラミング必修化にはさまざまな狙いがありますが、その一つとして将来に向けたITエンジニアの育成も含まれているほど、ITエンジニア不足は深刻な問題といえます。

ITエンジニアが不足している現状は、裏を返せば「未経験からITエンジニアになれる」チャンスとも言えるでしょう。

※参考 『IT人材の需給に関する調査(2019年)』

関連記事
IT・ビジネス知識
未経験でもITエンジニアになれる?その実態や具体的な転職方法を解説

ITエンジニアに転職したいものの、「未経験であるためにどうして良いかわからない」「未経験者がITエンジニアになれるのか不安」という方は少なくありません。

本記事では、未経験者はITエンジニアに転職できるのかといった疑問から、向いている人の特徴、具体的な行動について解説するとともに、企業の選び方や勉強方法なども合わせて、解説します。

\今より年収をあげたいあなたへ/簡単60秒で会員登録

未経験からでも学べるスキル習得の方法が充実している

ITエンジニアとして必要なスキルは、未経験からでも習得する方法が充実しています。その方法はさまざまであり、インターネット上のさまざまな情報や書籍、プログラミングスクールなどでスキルの習得ができます。

一方で、未経験の方はどんなスキルを学べば良いのかわからない場合もあります。こうした場合でも、目指すITエンジニアによって、どのようなプログラミング言語を学べばよいのかといった診断やアドバイスをしてもらえるWebサイトや書籍、プログラミングスクールもあるため、探してみてはいかがでしょうか。

webエンジニア将来性 関連記事
言語・職種
Webエンジニアの将来性は?未経験者が取得すべきスキルを解説

Webエンジニアは、Webサービスの設計・開発・運用などを担うエンジニアです。現在ではほとんどの企業が自社のサイトを持っていて、ECサイトやモバイルアプリを提供している事業者も少なくありません。そのため、Webエンジニアには高い需要があります。
この記事では、Webエンジニアの将来性について詳しく解説します。未経験からWebエンジニアを目指す方法も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

\Webエンジニア案件多数!/

エンジニアを目指すためのステップ

未経験からITエンジニアになるためには、まず職種を知り、適切な学習を行うことが大切です。続いての章から、ITエンジニアになるための以下4STEPについて一つずつ解説します。

STEP1:自分に合ったエンジニアの職種を知る
STEP2:必要なスキルを知る
STEP3:学習方法を決める
STEP4:転職活動を行う

【STEP1】自分に合ったエンジニアの職種を知る

ITエンジニアには、さまざまな職種があります。ここではITエンジニアの職種を大きく3つに分類し、解説します。

it エンジニア 関連記事
言語・職種
ITエンジニアの仕事内容とは?種類、年収、将来性を解説

ひと口にITエンジニアといっても、専門性によって職種は細分化されています。ITエンジニアとして活躍したいと考えたとき、どのようなスキルを身につけるべきなのかは、目指したい分野によって大きく異なります。

ITエンジニアの分類は、大別して開発系エンジニア、インフラ系エンジニア、そのほかの3種類ありますが、それぞれの分類のなかでさらに細分化されています。本記事では、ITエンジニアの職種や年収、向いている人や将来性などについて解説します。

\通信業界案件多数!/

開発系エンジニア

プログラマー

システムエンジニアが設計した仕様に合わせ、プログラム言語を用いてプログラミングを行い、システムを構築します。Webアプリケーションや業務システムなど、開発対象は多岐にわたります。ただし、使用するプログラムは開発対象により異なることに注意が必要です。

多くはプログラマーからシステムエンジニアにステップアップしますが、高いスキルを持ったプログラマーとして活躍する方もいます。

システムエンジニア(SE)

システムやソフトウェアの設計、開発を担当するITエンジニアです。業務範囲は、Webサイトや組み込み開発など、多岐にわたります。最初にクライアントから要件をヒアリングし、要件定義書にまとめます。これをもとに基本設計を行い、詳細設計を経て、プログラマーに開発を依頼する流れとなるのです。

プログラムを開発した後は、テストを経て検収・納品へと進み、保守運用などを担当します。なお、プログラム開発そのものはプログラマーに任せることが一般的ですが、プログラマーを兼ねたシステムエンジニアも存在します。

AIエンジニア

今、世界中で注目されているAIの専門家として活躍するITエンジニアです。AIが利用するビックデータの解析やデータ解析用のプログラム作成などを行います。

AIの多くは、大量のデータを解析し、結果を導き出すという仕組みです。そのため、データベースに関するスキルが必要となる場合や生成する画像や文章、動画や音楽といった仕組みに対するスキルが必要になります。

なお、AIエンジニアとの線引きは難しいものの、新たなAIの概念を設計するAIサイエンティストという職種もあります。

関連記事
言語・職種
システムエンジニアとは?仕事内容、身に付けるべきスキルとは

「AI」「IoT」「ビッグデータ」など、デジタル技術の進化が著しい昨今。システムエンジニアの需要は増すばかりです。一方で、システムエンジニア不足は深刻な課題にもなっていて、需給ギャップは拡大傾向にあります。

その背景には、システムエンジニアの仕事、なり方などがわかりにくいことが一因として挙げられます。そこで、本記事ではシステムエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリアなどについてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

インフラ系エンジニア

サーバーエンジニア

サーバー関連の設計・開発・構築、保守を行うITエンジニアです。サーバーにはWebサーバーやデータベースサーバー、業務用サーバーなどがあるため、必要なスキルは扱うサーバーによって異なります。

設計や開発では、仕様やコスト、電源容量といった多くの要素を加味して設計することが主な仕事です。設計後は実際にサーバーの構築や導入を行います。

物理的なサーバーの設置や配線といった作業や動作中のサーバーの監視やバックアップやセキュリティパッチ対応や障害対応などを行うこともあります。

ネットワークエンジニア

ネットワーク関連の設計・構築や運用保守を行うITエンジニアです。設計では、要件やコストに応じて、ネットワーク機器や構成を設計します。構築においては、設計した内容に合わせ、実際に配線やネットワーク機器の設置などを行います。

また、ネットワークの監視や障害が起きた時の初動対応なども担います。トラブルが起きた原因の分析、トラブルの解決を行います。

データベースエンジニア

データベースの開発・設計、管理・運用を行う仕事です。開発・設計では、要件に合わせたデータベースの設計、開発を行います。管理では「チューニング」と呼ぶ、データに合わせた最適化や効率化を行い、保守においてはバックアップや不正侵入検知などのシステム運用に携わります。

なお、似ている言葉として「データエンジニア」がありますが、こちらはデーターサイエンティストとも呼ばれる、データ分析を主とする職種であり、データベースエンジニアとは異なります。

クラウドエンジニア

クラウドコンピューティング環境の設計・構築・運用・保守を担当するITエンジニアです。クラウド上にて仮想サーバー、ネットワークを構築するため、クラウドとインフラ両方の知識・スキルが必要です。

なお、企業が独自に用意したクラウド環境を利用することは少なく、AWS(Amazon Web Services )やGoogle Cloud、Microsoft Azureといった大手クラウドを利用することが主なため、これらの知識やスキルも求められます。

セキュリティエンジニア

高度なセキュリティに配慮したシステムの構築やネットワークの提案、設計を担当する職種です。個人情報などの重要なデータの漏洩やサイバー攻撃を防ぐため、システムに対して脆弱性を診断したり、見つけた脆弱性への対策を施したりします。

業務が多岐にわたっているため、システムやネットワーク、OSやハードウェア、運用方法に至るまで、幅広いスキルが必要となります。

セキュリティ エンジニア 関連記事
言語・職種
セキュリティエンジニアとは?仕事内容・年収・必要資格など徹底解説|サイバー攻撃・ウイルスから大切なサーバーを守る!

セキュリティエンジニアは、企業や政府などの情報資産をあらゆるサイバー攻撃から守る職種です。近年、情報管理の重要性が高まり、セキュリティエンジニアの活躍の場も拡大しています。

その要因は、インターネットの普及により、企業のもつ機密情報や個人情報、仮想通貨などの暗号資産など、情報そのものの価値が上昇していることにあると考えられます。

この記事では、セキュリティエンジニアの仕事内容や年収、将来性について詳しく解説していきます。

\インフラ・ネットワークエンジニア案件多数!/

その他エンジニア

セールスエンジニア

販売を主とする営業職と実際に設計や開発を行う技術職、両方の要素を持つ職種です。通常の営業職よりも、IT知識・スキルや技術を活用できるため、売上につなげやすくなります。

また、システムの導入の際の導入スケジュールの作成や管理、製品に不具合が起きた際のサポート対応を行う事もあります。

社内SE

社内のパソコンやネットワークの保守・管理を行い、経営課題や事業課題、業務上の課題をシステムの導入・改修によって解決するエンジニアです。業務の幅が多岐にわたり、企業によって業務内容が大きく異なる場合があります。

たとえば、新たに導入するパソコンの選定やネットワークトラブルの解決、社員向け設定マニュアルの整備やサポートといった仕事のほか、自社内のDXに向けた企画や提案を求められることもあります。

社内se 関連記事
言語・職種
社内SEの仕事内容とは?年収や必要なスキル、求人例などを解説

IT業界で一般的な職種であるSE(システムエンジニア)の中で、社内SEという職種があります。社内SEは、自社内のシステム運用や、新システム開発などを主に手掛ける職種です。 本記事では、転職やキャリアアップを考えている人のために、社内SEが行う仕事内容ややりがい、転職へのアドバイスなどを解説します。

\スキマ時間に案件を見てみる/

【STEP2】必要なスキルを知る

ITエンジニアは、職種により必要となるスキルは変わってきます。以下では、どのエンジニアにも必要とされるスキルをご紹介します。

プログラミングの知識

プログラミングの知識は、ITエンジニアにとって必須です。主に使用するのは、プログラマーやSE、セキュリティエンジニアなどですが、どの職種にも必要なスキルです。

主な勉強方法としては、書籍や学習サイト、学習アプリなどで学ぶ方法があります。また、現在は無料でプログラミングを試せる環境が整っており、Javaでの開発が可能な開発ツール「Eclipse」、iPhoneなどApple製品向けのアプリ開発に利用される「Swift」などがあります。

どのプログラミング言語を学ぶかについては、市場での需要、自身がなりたいと考える職種や開発したいものから判断するのがおすすめです。(※参考)

※参考:プログラミングとは?意味や仕組み、用途をわかりやすく簡単に解説|侍エンジニアブログ

関連記事
言語・職種
Swiftエンジニアの仕事内容と案件例を紹介!年収の試算例も

Swiftエンジニアとは、iPhone、iPad、MacなどのApple社製デバイス向けのアプリを開発するエンジニア職種です。Swiftは機能の追加や学習環境の拡充など、Apple社が力を入れてサポートするプログラミング言語のため、Swiftとそれを扱うエンジニアの将来性は高いといえます。

ここでは、これからSwiftの習得とSwiftエンジニアを目指す方に向けて、仕事内容や案件、年収事情、効率的な学習方法についても解説します。Swiftの概要を知り、学習開始の一助となれば幸いです。

\Swift案件多数!/

ロジカルシンキング(論理的思考)

ITエンジニアとして、ロジカルシンキングが求められます。物事の筋道を立てたうえで結論に対して矛盾や破綻がないように考える思考法のことで、論理的思考とも言われます。

このスキルを持つことで、クライアントが抱える課題や要望から「顧客の課題を解決するためにはどのようなシステムが最適か」という視点でシステムの開発が可能であり、活躍しやすくなります。

なお、ロジカルシンキングは社内での研修やスクールなどでも取り上げられるテーマの一つであり、多くの関連書籍もラインナップされているため、学習するハードルは高くありません。

関連記事
スキルアップ
ITスキルとは何か?ITSSの具体例や高めたいITスキルについて解説

IT技術者として活躍するためには、身につけておきたいスキルが数多くあります。プログラミングスキルやネットワーク知識などの技術面だけでなく、コンサルティング力やマネジメント力などのソフト面のスキルも重要です。 ITスキルを身につけるためには、スキルの棚卸しを行い、自分に必要なスキルを見極めることが求められます。本記事では、ITSS認定資格の具体例やIT技術者として高めたいスキル、それらのスキルを身につけるための具体的なステップについて解説します。

以下リンクから、フリーランスのスキルアップ方法を解説する資料をダウンロード可能です。

\フリーランスが案件でスキルアップする方法を紹介!/

【STEP3】学習方法を決める

身につけたいスキルが決まったら、次にどのように学習するか検討します。ここでは、3つの学習方法について解説します。

スクールに通う

エンジニアに必要なプログラム言語や論理的思考のスキルは、スクールに通うことで学習することが可能です。また、スクールではWebエンジニアやiPhoneアプリ開発者を目指すコースなど特定の職種に特化したコースもあります。

講師によるサポートが受けられることや一緒に学習ができる仲間がいることにより、学習に対するモチベーションを維持しやすいです。

独学で勉強

必要なスキルの学習は独学でも可能です。先に紹介した、無料で利用できる開発ツールを利用したプログラム言語の学習や各種Webサイトや動画による学習、書籍を購入するといった方法で学習します。

自分のペースで学習できるため、仕事の合間に進めやすいということやスキル取得にかかる費用が安いなどのメリットがあります。

関連記事
スキルアップ
システムエンジニアになるために何を勉強する?勉強方法と資格の選び方

将来性の高さを見込んで、システムエンジニアに転身することを検討している方は少なくありません。システムエンジニアになるまでの道のりは長いものの、学習のための教材は豊富にあり、学習を始めるハードルは低いといえます。

そこで本記事では、システムエンジニアになるために必要な知識や勉強方法、資格についてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

資格取得を目指す

資格の取得を目指すことも有効な学習方法の一つです。ITエンジニアに関係する資格は、さまざまなものがあり、基礎的かつ範囲の広いものや特定のプログラム言語やシステムに対する資格などがあります。

資格取得のために学習する過程で、エンジニアの知識を学ぶことができます。資格取得という目標は、学習のモチベーションアップにもつながるため、独学での勉強に取り入れるのも一つの手です。

システムエンジニア 資格 関連記事
スキルアップ
システムエンジニアに資格は必要?おすすめの資格や基本スキルも解説

システムエンジニアとして働くために、必ず資格を取得しなければならないわけではありません。しかし、資格を取得しておくことによって、転職時のアピールポイントとして活用できたり、資格手当や一時金を受け取れる可能性があったりするため、ぜひ取得することをおすすめします。
本記事では、システムエンジニアの資格取得を推奨する理由やおすすめの国家資格・ベンダー資格、エンジニアとして活躍するために身につけておきたいスキルなどについて解説します。

【STEP4】転職活動を行う

ITエンジニアへの転職活動は、さまざまな方法があります。ここでは2つの方法を紹介します。

転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、未経験可のITエンジニア求人を取り扱っているため、希望条件にあった求人を紹介してもらえるでしょう。条件の交渉や日程の調節、応募書類の添削、面接対策などサポートが受けられるというメリットもあります。

できる限り早く転職したい方や、転職に向けて誰かに相談しながら進めたいといった方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

フリーランスエンジニアの案件紹介サービスTECH STOCKにはITエンジニア求人が多数ございます。フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCKにお任せください。

\フリーランスに興味があるあなたへ/

スクールの転職コースを受講する

習得のために通ったプログラミングスクールなどを経由し、転職する方法もあります。一部のプログラミングスクールには、転職コースが設けられており、ITエンジニアとして必要なスキルを習得できるでしょう。

スキルを一通り身につけたら、その後の転職までをサポートしてもらえます。スクールに通う費用がかかることがデメリットともいえますが、条件が合えば補助金を受けられる制度もあるため、結果的に費用を安くすることも可能です。

エンジニアになるためにおすすめのプログラミングスクール

プログラミングを学ぶ方法として、スクールを利用するとご説明をしました。この章では、転職コースなどがあるおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

DMM WEBCAMP

未経験からITエンジニアになることに特化したスクールです。ITエンジニアに必要なスキルが身につけられることはもちろんですが、業界で唯一(※2024年3月時点)行っているビジネス研修をはじめ、面接対策や書類添削といった転職サポートが充実していることが特徴です。

転職できなかった場合、スクール費用を全額返金する、転職保証つきのコースもあります。なお、国の補助金制度も利用可能です。

RUNTEQ(ランテック)

未経験者に特化したスクールです。スキルを身につけるだけではなく、事業を推進できるエンジニアの育成を目指せるよう、プロダクトの創造力や企画力が身につくようなカリキュラムがあります。

また、Web開発企業が事業を行っているため、より実践的なスキルが身につくことも特徴です。受講者は、RUNTEQが提携している独自ネットワークを活用し、就職活動ができます。RUNTEQも、国の給付金制度も利用可能です。

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

個人に合わせた専用のカリキュラムによって学習できるスクールです。専属講師によるマンツーマン形式の学習で、ITエンジニアとしてのスキルが身につけられます。

転職活動を行なっても内定が出なかった場合に全額返金する転職保証コースでは、面接対策や経歴書類作成など、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。国の給付金制度の対象になっているため、費用面でも安心です。

ITエンジニアになるためにおすすめの資格

未経験からITエンジニアになる場合、資格を持っていると採用に際して有利に働く場合があります。

たとえば、ITパスポート(iパス)は、ITを利活用するすべての社会人、そして社会人になる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる資格です。

また、基本情報技術者試験は、ITを活用したサービスや製品、システムやソフトウェアの制作に必要な基本的知識と技術を有していることを証明できる資格です。ITエンジニアとしてレベルアップをはかるのであれば、ワンランク上の応用情報技術者試験があるため、より高い知識や技術を証明できます。

関連記事
スキルアップ
Webエンジニアに資格は必要か?おすすめの資格19選

Webエンジニアにとって転職やキャリアアップで重視されるポイントは、スキルや経験です。職務経歴書などで概要は伝えられますが、より詳しいスキルレベルを伝えるには資格の取得が有効な手段となります。もちろん、資格取得のための学習もスキル習得に有用です。

しかしながら、Webエンジニアの業務に関連する資格は非常に多く、どれを選ぶべきか迷うかもしれません。本記事では、Webエンジニアに関係する資格を整理して紹介します。担当分野別におすすめ資格をあげていますので、参考にして頂ければ幸いです。

\システムエンジニア案件多数!/

まとめ

IT人材が不足している今、ITエンジニアを目指す未経験者にとってはチャンスと言われています。まずは、目指す職種に必要なスキルを知り、自分に最適な学習方法でスキルを身につけましょう。

また、実際に転職活動を行う場合、転職エージェントやスクールの転職コースを利用すると、アドバイスやサポートなどが受けられ安心です。特にスクールには、転職を保証するコースを設けている場合もあるため、転職で気がかりなことがあれば、検討してみると良いでしょう。

フリーランスエンジニアの案件紹介サービスTECH STOCKにはITエンジニア求人が多数ございます。フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCKにお任せください。

\フリーランスに興味があるあなたへ/

関連する記事

おすすめの記事

IT・ビジネス知識
未経験でもITエンジニアになれる?その実態や具体的な転職方法を解説

ITエンジニアに転職したいものの、「未経験であるためにどうして良いかわからない」「未経験者がITエンジニアになれるのか不安」という方は少なくありません。

本記事では、未経験者はITエンジニアに転職できるのかといった疑問から、向いている人の特徴、具体的な行動について解説するとともに、企業の選び方や勉強方法なども合わせて、解説します。

\今より年収をあげたいあなたへ/簡単60秒で会員登録

IT・ビジネス知識
【例文あり】エンジニアの志望動機|書く際のポイントや具体例を解説

ITエンジニアに転職したいと考えたものの、未経験であるために、志望動機をどのようにかけば良いのか迷ってしまう方は少なくないでしょう。
ここでは、未経験者がITエンジニアを目指す場合に、どのような志望動機を書けば良いのか、そのコツを紹介します。未経験だからこそ志望動機でアピールしたいポイントや書いてはいけないNGな内容、そして企業タイプ別の例文も用意しているため、ぜひ参考にしてください。

\フリーランスになることに興味があるあなたへ/
簡単60秒で会員登録

IT・ビジネス知識
エンジニアになるには?必要なスキルや転職するためのステップを解説

今後の将来性などを考え、ITエンジニアを目指したいと考えるようになったものの、未経験を理由に躊躇している方もいるのではないでしょうか。ITエンジニアになるための学習方法や具体的な手順がわからないという方も少なくないでしょう。

そこで本記事は、未経験からITエンジニアになるために適した学習法やITエンジニアになるための具体的なステップを解説します。

\フリーランスになることを検討しているあなたへ/
簡単60秒で会員登録