言語・職種

Swiftエンジニアの仕事内容と案件例を紹介!年収の試算例も

更新日 2024/03/12

Swiftエンジニアとは、iPhone、iPad、MacなどのApple社製デバイス向けのアプリを開発するエンジニア職種です。Swiftは機能の追加や学習環境の拡充など、Apple社が力を入れてサポートするプログラミング言語のため、Swiftとそれを扱うエンジニアの将来性は高いといえます。

ここでは、これからSwiftの習得とSwiftエンジニアを目指す方に向けて、仕事内容や案件、年収事情、効率的な学習方法についても解説します。Swiftの概要を知り、学習開始の一助となれば幸いです。

\Swift案件多数!/

この記事の監修者

INTLOOP株式会社​

TECH STOCK MAGAZINEサイト 監修部

TECH STOCKの運営会社であるINTLOOPで活躍している現役エンジニアで構成された監修部です。各領域の言語・スキルの知見を持ったメンバーが、現場の知見も含めて記事のチェック・監修を行っています。​

監修者プロフィールを見る

Swiftとは

SwiftはApple社によって開発されたプログラミング言語です。Apple社のデバイス上で動作するアプリ開発で広く利用されています。

Swiftの概要

Swiftは2014年にApple社が発表したオープンソースのプログラミング言語です。Apple社製のデバイス、OS上で動作するアプリの作成に特化しており、Webアプリの開発でも利用することが可能です。Apple社が注力してサポートしているため、今後も発展が期待できます。

Apple製品向けアプリの開発言語としては、NeXTSTEPから続くObjective-Cが採用されていました。Swiftは、このObjective-Cの後継にあたる標準開発言語です。

Swiftの特徴

Swiftのさまざまな特徴を紹介します。

Apple社の公式サイトのSwiftのページでは、「誰もが圧倒的に優れたアプリを作れる」と記載されていることもあり、Swiftの操作は直感で読み書きが可能となっています。このような点からもObjective-Cと比較してSwiftの方が習得しやすいことが特徴です。

また、SwiftはApache 2.0オープンソースライセンスを採用しており、多くの開発者、教育機関、学生が無料で利用可能です。iOS、macOS、watchOS、tvOS、Linux向けのコードをコンパイルできるバイナリモジュールがAppleから提供されています。

Swiftは「迅速」「すばやい」といった意味を持つ英単語で、名前の通り、動作の速さも特徴として挙げられます。Apple社によると一般的な検索アルゴリズムにおいて、Objective-Cの最大2.6倍、Python2.7の最大8.4倍高速であるとしています。

※出典:Swift ‐ Apple(日本)

既存のアプリで利用されているObjective-Cのコードにも途切れることなく組み込めるため、開発リソースを節約することが可能です。

無料で教育機関に提供しているDevelop in Swiftカリキュラムを活用することで、初歩的なプログラミングからアプリ開発までスムーズに学習することが可能です。Swift Playgroundsなどのツールも提供されており、学習しやすい環境が整えられています。

Swiftでできること

Swiftの主な用途はApple社製品上で動くプログラムの作成です。iPhone、iPad、Mac、Apple TV、Apple Watchなどで動作するアプリを開発することができます。

Apple社はiPhoneをはじめとして、多くの製品で世界のアクティブユーザーを抱えているため、Swiftアプリには大きな需要があります。フィンランドのソフトウェア企業Asymcoの調査では、2022年時点で世界中のアクティブなiPhoneの台数は12億台、App Storeのアクティブユーザー数は6億5000万人と想定しています。

また、Apple社のレポートでは、2022年のヨーロッパにおけるiOS App Storeのアクティブユーザー数は1億2,300万人と報告されています。また、SwiftのメインターゲットはiOS系、macOS系のネイティブアプリですが、macOSやLinuxをサーバーとした場合のサーバーサイドの開発も可能です。

SwiftエンジニアはSwiftを用いたアプリ開発に携わる

Swiftエンジニアは、Swiftを用いたアプリ開発に携わるエンジニア職種です。iPhone、iPad、Mac、Apple TV、Apple Watchなどを対象としたネイティブアプリの開発、アプリを使ったサービスの提供などを主な業務とします。

一度アプリを作成してもそこで仕事が終わる訳ではありません。継続的に機能の追加、OSなどのバージョンアップへの対応、問い合わせ対応などの仕事も存在します。

Swiftエンジニアの仕事内容

Swiftによるアプリに携わるSwiftエンジニアの仕事内容について、より詳細に説明します。

Swiftを用いたアプリケーション開発

顧客の要望に沿ったアプリケーションを開発する仕事です。業務を細かく分けると、顧客の実現したいことを聞き出し、要件定義をアプリで作成可能な段階まで落とし込む設計、プログラミングによるアプリの開発、作成したアプリのテストなどといった工程となります。

ただし、どの工程を担当するかは、プロジェクトによって異なるため、事前の確認が必要になるでしょう。Swiftアプリの場合は、小さなリリースを繰り返すアジャイルやプロトタイプ開発などの手法によりアプリのブラッシュアップを継続的に行うケースが一般的です。

顧客に関しては、事業形態によって異なります。自社でサービス提供を行っている事業者に所属する場合には、自社内の事業部門を顧客とし、開発者も事業部門に所属する形態を取ります。外部からソフトウェア開発を受託する事業者の場合には、顧客は外部の企業や個人です。また、フリーランスのSwiftエンジニアの場合には、サービスを提供する事業者もソフトウェア開発を受託する事業者もとなり得るでしょう。

Swiftアプリによるサービスの運営

Swiftアプリがサービスの一部として提供されている場合、Swiftエンジニアは継続的に機能追加や改善のリリースを行い、ユーザーにメリットを提供します。特にサブスクリプション形式のサービス提供を行っている場合には、ユーザーに新たな価値を提供し続けることは重要なミッションといえるでしょう。

Swiftエンジニアの年収

フリーランスエンジニアの案件紹介サイトTECH STOCKにて、キーワード「Swift」にて検索を行い、Swiftエンジニアの案件を抽出することで、想定される年収を算出可能です。案件の月額報酬の最大と最小の中間値から平均の月額報酬を算出し、66万円だったとすると、12か月分のSwiftエンジニアの年収は約813万円と試算となります。(2023年11月16日時点)

以下、案件例を紹介します。

  • コンシューマ向けのスマホアプリ開発支援
    開発言語:Swift/kotlin
    月額報酬:80~85万円
    就労形態:一部リモート
    主な業務:スマホアプリ開発プロジェクトにおける要件定義フェーズから設計、製造、テスト、リリースまでを担当
    必須条件:Swiftでのネイティブアプリ開発実務経験1年以上
    SwiftUIでのアプリ開発経験
  • 自社提供サービスのアプリ内製開発支援
    開発言語:Swift/kotlin
    月額報酬:80~110万円
    就労形態:フルリモート
    主な業務:エクストリームプログラミング、ペアプログラミング、テスト駆動開発を導入しているプロジェクトでのアプリ開発
    必須条件:Swiftでの開発経験3年以上
  • ECの新サービスiOS向けアプリ設計・開発・運用
    開発言語:Objective-C/Swift
    月額報酬:60~120万円
    就労形態:フルリモート
    主な業務:iOS向けアプリの設計・開発・運用、継続的品質改善、OSバージョンアップ対応
    必須条件:iOSアプリ開発経験3年以上

Swiftエンジニアの将来性

TECK STOCKに掲載されている案件が存在することから、Swiftエンジニアには一定の需要が存在しているといえます。今後の需要についても下記の理由から将来性は高いといえるでしょう。

Swiftエンジニアの将来性が高い理由の一つは、Swiftの開発元であるApple社が継続的にサポートしていることです。オープンソースとなったあとも、Apple社はSwiftの普及のために教育分野などでサービスの提供を続けており、今後も標準言語として重視することが予測できます。

もうひとつの理由としては、iOSが継続的に国内で大きなシェアを持っていることが挙げられます。StatCounterによる調査では、日本国内のモバイルOSシェアではiOSは2023年10月時点で約70%を占めています。調査が始まった2009年以降、iOSは高いシェアを占めており、今後もすぐにはこの状況が覆ることはないでしょう。このことからもSwiftエンジニアには堅調な需要が見込めます。

注意点として、SwiftエンジニアはApple社およびスマートフォン市場の影響を強く受けるため、ハードウェア価格の上昇、Apple社の動向などスマートフォンやモバイルiOSを取り囲む状況には注意が必要です。

Swiftエンジニアが年収をアップさせるには

Swiftエンジニアが年収を向上させるための方法として、業務範囲の拡大やスキルの向上、開発業務の経験を積むこと、資格の取得などが挙げられます。

アプリを用いたサービス全体に業務対象を広げる

Swiftエンジニアの主な開発対象はネイティブアプリです。一方で、多くのサービスやシステムにおいて、ネイティブアプリは一部の構成要素であり、サーバーサイドとの通信を行うことを前提としています。

Swiftエンジニアは、ネイティブアプリと連携するサーバーサイドとの通信の知識と開発スキルを持つことで、エンジニアとしての業務範囲を広げることができます。さらに、Swiftでのネイティブアプリ開発においても連携先を知ることで、アプリの品質を高めることにつながります。

また、アプリを用いたサービス運営全体に関する知見を持つことも、年収アップにつながります。サービス運営のノウハウを持ち、プロダクトマネジメントを行うスキルがあれば、よりよい条件の案件へマッチする人材となれるでしょう。

Swift以外のプログラミング言語のスキル

モバイルOSの中でもiOSのシェアは高いですが、Androidのシェアも継続的に存在しており、アプリ開発においては無視できない存在です。世界市場で見た場合にも、Androidの人気は根強く、両者に向けたアプリ開発を提供するケースが増えています。

TECH STOCKに掲載中の案件のうちキーワード「Swift」に該当するもののなかには、KotlinやJavaなどのAndroid向けアプリの構築を含んでおり、クロスプラットフォームによる開発案件も含まれている場合があります。キーワードを変更すればさらに多くの案件が見つかることが想定できるでしょう。

開発効率やコストを考えた場合に有力な候補となるのが、クロスプラットフォームに対応した言語や環境の採用です。Swiftに加えてReact Native/JavaScript、Xamalin/C#、Flutter/Dartなどの開発スキルがあれば、エンジニアとして高い価値を提供でき年収向上にもつながります。

GitやSVNを使ったチームでの開発経験

ソフトウェア開発の現場では人数といった規模が大きくなるにつれて、複数のエンジニアでチームを作り、作業を分担して開発を行うことが一般的です。複数人のエンジニアで作業を分担して開発を行う場合、ソースコードやプロジェクトファイルなどのリソースはバージョン管理ツールを用いて管理することが一般的です。

よく利用されるバージョン管理ツールとして、GitやSVNが挙げられます。Gitはソースコードの変更履歴などを管理するための分散型バージョン管理システム、SVNは集中型バージョン管理システムの一つです。

リソース管理に関する概念を知り、ツールの利用方法を理解するとともに、プロジェクトごとに定められる管理のためのルールに対応することが求められます。

上流工程の経験

アプリケーションやサービス開発プロジェクトの上流工程の経験をすることも、年収アップにつながる方法の一つです。開発プロジェクトでは、上流工程ほど影響範囲が広いため、スキルや経験が重視されます。

具体的には、企画、要件分析、要件定義、設計などに携わった経験がある場合には、高い年収を得やすくなるでしょう。年収を上げたい場合、上流工程に携われるよう意識することが必要となります。

資格の取得による体系的知識の習得とスキルの証明

Swiftに関するスキル向上、知識の習得は、Swiftエンジニアの評価を高め、年収を向上させる要素の一つです。しかし、闇雲にSwiftの学習を行っても、成果を業務で示すことは難しいため、資格の取得という目標を定めて学習に望むと効率的です。

資格の取得に向けた学習では、情報を整理して体系的な知識を得ることが可能です。また、転職時などには第三者による一定のスキル証明としても役立ちます。

Swiftエンジニアにとって必須のSwiftに関するスキルを示せる資格として、Apple社のベンダー資格「App Development with Swift」が挙げられます。この資格は「App Development with Swift Certified User」、「App Development with Swift Associate」の2段階が提供されており、スキルレベルに合わせて受験することが可能です。2023年11月時点では英語版のみが提供されており、日本語版はないことには注意が必要です。

アプリケーション開発者としての一般的スキルを示す資格として、IPAが運営し、経済産業省が認定する国家資格「情報処理技術者試験」が挙げられます。この資格は複数のカテゴリ、レベルに対した試験が提供されているため、広い範囲でITに関する基礎的な知識を有することを示す場合には基本情報技術者試験、実務レベルのスキルを示すなら応用技術者試験、さらに上位の高度情報技術者向け試験とステップアップすることが可能です。

セキュリティ資格 関連記事
スキルアップ
情報セキュリティ関連資格10選!国家資格から民間資格まで解説

IT技術が発展するとともに、情報セキュリティについての知識やスキルの必要性が高まっています。

セキュリティエンジニアを目指す方以外にも、基本的な知識のキャッチアップとしてセキュリティに関する資格を取得することは、自身のキャリアを見据えても有効と言えるでしょう。

キャリアアップに必要な資格を検討するためにも、資格ごとの特徴について解説していきます。

\スキマ時間に案件を見てみる/

Swiftを習得する効率的な方法とは

Swiftの普及にはApple社が非常に力を入れており、学習をサポートするツールやサービスが複数提供されています。これらを積極的に活用することで、効率的にSwiftを習得することが可能です。

なお、本項ではユーザー数の多いiPhone(iOS)、iPad(iPadOS)向けのアプリ開発スキルの習得を想定しています。

MacとiOSデバイスを手に入れよう

Swiftでの開発には、Apple社製のPC「Mac」を開発環境として利用することが一般的です。Swiftでの開発、デバッグ、コンパイルなどに利用する統合開発環境Xcodeの利用にMacが必要となるためです。また、動作確認やApple社のデバイスへの理解を深めるために、iPhone、iPadといったモバイルデバイスも用意しましょう。

近年では、iPad上でのSwift Playgroundsを利用したアプリ開発もサポートされています。MacとXcodeでの開発と比較して、一部機能制限などは存在するようですが、iPadをSwift習得のスタート地点とするのも一つの選択肢です。

Xcodeをセットアップ

Macを入手したら、Apple社のアプリダウンロードサービスApp Storeから統合開発環境Xcodeをダウンロード・インストールします。インターネットへ接続できれば、無料でXcodeを利用することが可能です。2023年11月時点ではXcodeの最新バージョンはXcode15です。

Apple社の提供するガイドに従ってアプリを作ってみよう

Xcodeが用意できたら、Apple社やSwift.orgの提供している言語ガイド「The Swift Programming Language」に従ってアプリを作成し、動作させてみましょう。ビデオによるチュートリアルもこちらで提供しています。また、Apple社の提供する学習プログラム「Develop in Swiftシリーズ」は学校などのカリキュラムに合わせたテキストで、開発を習得する際におすすめのテキストです。

もう少し簡単に、ハードルを下げて学習をしたい場合には、学習アプリSwift Playgroundsで理解を深めてからXcodeでの開発をするのも手段の一つです。

Webや書籍などの情報を参考にアプリを作る

最初のガイドに沿ってアプリを作成できたら、より高機能なアプリの作成に取り組むことでスキル向上を図ることが可能です。Webサイトや書籍、学習コンテンツサービスなどでSwift学習のための情報が提供されています。Apple社のガイドに従ったアプリ開発を参考にして、新たな機能を組み込んだアプリを作成します。

SwiftエンジニアがSwift以外にも知っておきたいこと

SwiftエンジニアにとってSwiftでのアプリ開発に関するスキルや知識は必須です。それ以外にも、実務レベルでSwiftを扱う現場に入る場合に知っておきたい知識について紹介します。

アプリケーション開発の作業工程と作業内容

アプリ開発プロジェクトでは、作業工程を区切ってアプリ開発を進めることが一般的です。一定以上の規模のアプリ開発では業務の分担を行いチームで開発を進めること、各工程で定める設計内容を明確化しソフトウェアの品質を確保することなどが目的となります。

プロジェクトやアプリケーション開発手法によって異なる場合はありますが、下記の作業工程に分かれているケースが一般的です。

  • (企画)
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発(プログラミング)
  • テスト
  • リリース
  • (運用・保守)

サーバーサイドとの連携

Swiftのアプリ内では大量のデータや端末外の最新の情報は保持していません。これらの情報を取得する際には、インターネットを通してサーバーサイド処理、APIとの連携することがメジャーな手法です。

Swiftエンジニアは連携するためのコーディングとともに、連携先の処理や仕組みを知り最適なアプリ設計を行うことが必要です。

まとめ

Swiftエンジニアは、プログラミング言語Swiftを用いたApple社製品向けのアプリに携わるエンジニアです。Swiftを用いて、iPhone、iPadなどのモバイルデバイス、Mac、AppleWatchなどに向けたアプリを開発、提供します。

必須となるスキルは、プログラミング言語Swiftと統合開発環境Xcodeを用いたアプリ開発スキルです。アプリ配信などを行うサービス運営やクロスプラットフォームへの対応などのスキルがあれば、より高い年収を望むことができます。

Swift習得の取りかかりとして、Apple社などの提供するガイドやSwift Playgroundsを活用するとスムーズです。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

言語・職種
【React(リアクト)とは?】学ぶメリットやできることを詳説

Reactは、ユーザーインターフェースを構築するためのJavaScriptライブラリのひとつです。Reactのニーズが高まっている背景にはSPA(Single Page Application)の普及があります。本記事では、JavaScriptを学んだ初心者エンジニアに向けて、わかりやすくReactの概要や特徴、Reactを使用した開発事例、Reactを習得するメリット・デメリット、環境構築法などを解説します。

\JavaScript案件多数!/

言語・職種
Webエンジニアの平均年収は?年収UPのためのキャリアパスも紹介

これからWebエンジニアを目指したいと考えている人にとっては、まず年収が気になるポイントではないでしょうか。結論から言うと、Webエンジニアの平均年収は全業種の平均年収と比較すると高めの水準となっています。ただし、年代や働き方などさまざまな要因で平均年収は変わってくるため、全体の平均だけでなくさまざまな角度から確認しておくことが大切です。

この記事では、Webエンジニアの平均年収を年代・働き方・職種・企業規模の4つに分けてご紹介します。最後にWebエンジニアが年収を上げる方法も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

\今より年収をあげたいあなたへ/