言語・職種

セキュリティエンジニアとは?仕事内容や年収などを徹底解説!

更新日 2024/01/16

セキュリティエンジニアは、企業や政府などの情報資産をあらゆるサイバー攻撃から守る職種です。近年、情報管理の重要性が高まり、セキュリティエンジニアの活躍の場も拡大しています。

その要因は、インターネットの普及により、企業のもつ機密情報や個人情報、仮想通貨などの暗号資産など、情報そのものの価値が上昇していることにあると考えられます。

この記事では、セキュリティエンジニアの仕事内容や年収、将来性について詳しく解説していきます。

\インフラ・ネットワークエンジニア案件多数!/

セキュリティ エンジニア

セキュリティエンジニアとは

セキュリティエンジニアとは、サーバーに関する情報や情報セキュリティを専門としたエンジニアのことです。

近年では、情報漏洩やランサムウェアによる外部からの攻撃が報告されており、企業にとって経営上の大きなリスクであるという認識が浸透してきました。
セキュリティエンジニアは、これらのセキュリティリスクから、ネットワークやシステム、そして企業や組織を守ることが主な役割です。

セキュリティに配慮したシステムの設計や構築・運用、サイバー攻撃を未然に防ぐための対策などを行うため、その業務範囲は多岐にわたります。

セキュリティエンジニアの仕事内容

前述のように、セキュリティエンジニアの役割は多岐にわたります。その中でも、特に活躍する業界として、コンサルタント、セキュリティベンダー、メーカー・製造業、SIer、金融機関、インフラ業、小売・卸業などが注目されています。

また、セキュリティエンジニアの仕事は一貫して携わることもあれば、ひとつの工程を担当する場合もあります。それでは各工程の具体的な仕事内容をご紹介します。

  1. 企画・提案
  2. 設計
  3. 実装
  4. テスト
  5. 保守/運用

1.企画・提案

ITシステムやインフラ周りにおけるセキュリティの改善や強化の提案

セキュリティ強化のためには、脆弱性を把握する必要があります。要件整理や分析だけではなく、現場のスタッフにヒアリングを行い、システムの脆弱性を見つけます。
また、企画・提案の工程を担うセキュリティエンジニアは「セキュリティコンサルタント」とも呼ばれます。個人情報保護法の施行に伴い、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)やプライバシーマークなどの取得をサポートする業務も行います。

2.設計

セキュリティに配慮したシステムの設計

接続するネットワークやデバイス、運用体制など、セキュリティホールとなりうるものの対策を想定してシステム構築する必要があるため、幅広い知識が求められます。

3.実装

セキュリティに配慮した実装

接続するネットワークや機器だけではなく、OSや安全に運用できるシステムにも配慮する必要があります。近年ではクラウドの需要が高まり、クラウドの知識も求められます。

4.テスト

ハッカーからの攻撃を想定したテスト

システムの脆弱性を発見するためには、ハッカーからの攻撃を想定して疑似攻撃を行うことで、潜在的な脆弱性の発見、対策を念入りに行います。
このようなテストを「セキュリティ検査」や「脆弱性診断」、「脆弱性検査」とも呼びます。

5.保守/運用

セキュリティシステムの導入後の保守業務

セキュリティシステムの導入後は、システム障害やサイバー攻撃を避けて安全に運用するための保守業務を行います。
日々進化するサイバー攻撃に備えてセキュリティのアップデートを重ねたり、不審なアクセスに対する調査などを行ったりします。また、実際に攻撃があった際には迅速な対応が求められます。

セキュリティエンジニアの年収

年収の中央値 最高年収 最低年収
フリーランス 600万円 1560万円 324万円
会社員 800万円 2000万円 300万円

出典:フリーランススタート 2023年12月26日時点
(参照:https://freelance-start.com/jobs/job_category-6
出典:テクストキャリア 2023年12月26日時点

フリーランスのセキュリティエンジニアの年収の中央値は600万円、最高年収は1560万円、最低年収は324万円です。また、会社員(転職支援サービス テクストキャリアの利用者)のセキュリティエンジニアの年収の中央値は800万円、最高年収は2000万円、最低年収は300万円です。

ただし、セキュリティエンジニアの年収は、スキル・環境などにより、大きな差があります。また、セキュリティエンジニアを含め、IT業界では全般的に人材不足が続いているため、上記の年収を上回る可能性も大いに考えられます。

上記の特徴を活かし、はじめに目標年収を定め、その目標に応じてご自身のスキルを磨くというキャリアプランの構築方法も良いかもしれません。

必要になるスキル・知識

幅広い知識と技術を求められるセキュリティエンジニアに必要とされるスキルや知識とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。代表的なものをご紹介します。

  1. プログラミングに関する知識
  2. ウィルスや不正アクセス手法に関する知識
  3. リスク管理スキル
  4. サーバーやネットワーク、OSの知識
  5. 法律に関する知識

1.プログラミングに関する知識

セキュリティに配慮したプログラミングスキルが求められます。特にWebアプリケーションは脆弱性の種類が多いため、セキュリティエンジニアが利用するプログラミング言語は、Webアプリケーションのバックエンドによく利用されるPHPやC言語、C++、JavaScript、Pythonなどが中心です。

2.ウィルスや不正アクセス手法に関する知識

ウィルスや不正アクセスの手法は、次々と新しい技術が誕生しています。常に最新の情報を獲得する必要があります。

仮に、自社が導入しているソフトウェアの脆弱性が見つかった場合、セキュリティエンジニアは速やかに対応できるように、最新のサイバー攻撃の手法とその対策法を即座に把握して自社のセキュリティ対策をすることが求められます。

3.リスク管理スキル

仮にセキュリティ事故が発生した場合に、どの程度の被害や影響が発生するのかを事前に予見しておけば被害を最小限に止めることができます。事前に想定される脅威を明確にし、守るべき情報やシステムに必要な対策を講じるリスク管理のスキルが求められます。

4.サーバーやネットワーク、OSの知識

セキュリティエンジニアは、サイバー攻撃の標的となりやすいサーバーやOS、ネットワークなどのインフラを安全に運用することが求められます。そのため、セキュリティ面でどのように備えるかを知っておく必要があります。

5.法律に関する知識

セキュリティに関する法律はいくつもあり、すべてを知っておくことは難しいですが最低限の知識は必要です。具体的には以下のような法律が挙げられます。

  • 特定電子メール送受信適正法
  • プロバイダ責任制限法
  • 高度情報ネットワーク社会形成基本法
  • 不正アクセス禁止法
  • 個人情報保護法

法律に則ったシステム運用を行うためには、正しい法律の知識が必要になります。

セキュリティエンジニアに役に立つ資格

この章ではセキュリティエンジニアを目指す上で役立つ資格やキャリアアップに役立つ資格を紹介します。

シスコ技術者認定試験

シスコ技術者認定試験シスコ技術者認定試験は、シスコシステムズ合同会社が実施している資格です。シスコ技術者認定にはエントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトという5つのグレードがあります。アソシエイトではネットワークエンジニアに求められる基礎的な知識やネットワーク機器に関する知識が出題されるため、セキュリティエンジニアを目指す初心者の方におすすめです。

CompTIA Security+

CompTIA Security+CompTIA Security+は、国際的なIT業界団体のCompTIAが実施している国際的な資格で、業務で必要とされる情報セキュリティに関する知識が網羅されています。セキュリティに関する試験の中では初心者向けの試験と言われていますが、脅威・脆弱性・リスク管理・暗号化技術と幅広い知識が問われるためしっかりと対策する必要があります。

CISM(公認情報セキュリティマネージャー)

CISM(公認情報セキュリティマネージャー)

CISMは、ISACAが実施している国際的な資格です。CISMはセキュリティマネジャーやセキュリティコンサルタントなど、情報セキュリティのプロフェッショナルを対象にしています。

そのため、組織の情報セキュリティ戦略の策定や、システムの設計・運用、脆弱性診断、リスク管理、インシデントへの対応などの知識が問われます。また、認定を受けるためには5年以上の実務経験と、そのうち3年以上のセキュリティマネジャーとしての経験が必要となります。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験情報セキュリティマネジメント試験はIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が実施している国家資格です。サイバー攻撃からシステムや機密情報を守るための基本的なスキルを認定する資格です。

IPAは試験の難易度を4段階中の2としており、初心者の方におすすめの試験になっています。情報セキュリティマネジメント試験はセキュリティに関する知識だけではなく、情報セキュリティに関連する企業活動の知識や法律についても出題されます。

情報処理安全確保支援士試験(SC)

情報処理安全確保支援士試験(SC)情報処理安全確保支援士試験(SC)は、さまざまなIT試験を提供しているIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が実施している国家資格です。

情報処理安全確保支援士試験(SC)は、情報セキュリティの専門家としての技能を有することを認定する資格です。難易度はIPAが実施する試験の中で最も難易度が高いレベル4です。高度な知識や技術を持った情報処理技術者を対象としているため、格段に難しく合格率も20%を下回ります。

セキュリティ資格 関連記事
スキルアップ
情報セキュリティ関連資格10選!国家資格から民間資格まで解説

IT技術が発展するとともに、情報セキュリティについての知識やスキルの必要性が高まっています。

セキュリティエンジニアを目指す方以外にも、基本的な知識のキャッチアップとしてセキュリティに関する資格を取得することは、自身のキャリアを見据えても有効と言えるでしょう。

キャリアアップに必要な資格を検討するためにも、資格ごとの特徴について解説していきます。

\スキマ時間に案件を見てみる/

セキュリティエンジニアになるには

セキュリティエンジニアになる方法は以下のようにいくつかあります。経験や求められる知識やスキルを身につけるための勉強法をご紹介します。

  1. 大学・専門学校で学ぶ
  2. オンラインで学ぶ
  3. ITエンジニアとして経験を積む
  4. 資格を取得する
  5. 派遣社員の応募を利用する

1.大学・専門学校で学ぶ

社会人が情報セキュリティについて学習できる大学や専門学校、スクールでは、専門家から体系的に知識を学ぶことができます。効率的に知識とスキルを身につけることができます。

以下に、それらの一例を掲載します。シラバスで授業内容や到達目標などをよく確認して、自分に合う学校を選んでください。

2.オンラインで学ぶ

学習費用を抑えて勉強したい人やまとまった時間をとるのが難しい人におすすめの学習方法がオンラインの講座です。無料で公開されている講座も数多く存在するため、自分のペースでコツコツ勉強したい人におすすめの勉強法です。

3.ITエンジニアとして経験を積む

セキュリティエンジニアになるには、システムエンジニアやインフラエンジニアなどの業務領域の近いエンジニアの経験を積むことで、キャリアアップする方法があります。サーバー側の処理やデータベース構築の経験があれば、有利に転職できるでしょう。

4.資格を取得する

セキュリティエンジニアになるための勉強方法として資格を取得する方法があります。資格取得は、勉強する過程で自然と知識やスキルが体系的に定着します。また、資格を取得できれば知識を身に付けたことの証明になるため、就職に有利になるでしょう。

5.派遣社員の応募を利用する

セキュリティエンジニアは派遣社員の応募が多い特徴があります。派遣社員であれば、経験が浅くても採用してくれる企業も多くあります。給料をもらいながらセキュリティエンジニアとしての知識や技術を習得できるためおすすめの方法です。

\インフラ・ネットワークエンジニア案件多数!/

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアの将来性は高いと言えます。その理由についてそれぞれ解説します。

  1. サイバー攻撃が巧妙化するため、セキュリティの重要性が高まる
  2. セキュリティエンジニアの人材が不足する
  3. セキュリティエンジニアが活躍する場面が増えていく

1.サイバー攻撃が巧妙化するため、セキュリティの重要性が高まる

近年、企業の持つ情報を暗号化して人質にとり、身代金を要求するランサムウェアの発生件数が増加しています。

最近では、2022年2月にトヨタ自動車株式会社の関連企業がランサムウェアの被害を受け、国内のトヨタ自動車全工場が稼働停止しました。また、2023年9月には、データを暗号化せずに身代金を要求する「ノーウエアランサム」という新たなランサムウェア攻撃も登場しています。

このように、サイバー攻撃の手口はますます巧妙化・高度化しており、企業のセキュリティ対策への意識が高まっています。そのため、セキュリティの専門家であるセキュリティエンジニアの需要は高まっています。

2.セキュリティエンジニアの人材が不足する

日本全体のIT人材は不足することが予想されており、セキュリティエンジニアも例外ではありません。2019年にみずほ情報総研株式会社が発表したIT人材需給に関する調査によると、日本のIT人材は2030年には最大で79万人不足すると発表されています。セキュリティエンジニアを含む高い専門性を持つ人材は、売り手市場になると予想されています。

3.セキュリティエンジニアが活躍する場面が増えていく

今後、セキュリティエンジニアが活躍する分野は拡大していきます。例えばECサイトやフィンテック、IoTなどの分野では、個人情報や企業の機密情報、金銭を取り扱うため高いセキュリティが求められます。将来性が期待されている分野で必要とされているため、セキュリティエンジニアの将来性は高いと言えます。

まとめ

今回は、セキュリティエンジニアの仕事内容から、必要なスキル、将来性、なるための方法、役に立つ資格まで解説してきました。

セキュリティエンジニアの仕事内容は幅広く、企画提案・設計・実装・テスト・保守運用といった業務を行います。サイバー攻撃の被害件数は年々増加・高度化しており、社会の中でも情報セキュリティへの意識は高まっています。

セキュリティエンジニアは、今後ますます需要が高まることが予想されているため、セキュリティエンジニアは将来性が高い職種であると言えます。是非、この機会にセキュリティエンジニアを目指してみてください。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

フルスタックエンジニア
言語・職種
フルスタックエンジニアに必要なスキル・資格とは?なるにはどんな学習が必要?

エンジニアのキャリアの一つとして、フルスタックエンジニアというものがあります。定義は様々ですが、さまざまな領域を経験したことにより広い視点で全体を俯瞰できるようになり、全体バランスを考えながら行動できるようになったエンジニアという位置づけです。

本記事では、フルスタックエンジニアに興味を持つエンジニアに向け、スキルや年収、フルスタックエンジニアになるためのキャリアパスなどを解説します。

\システムエンジニア案件多数!/

言語・職種
システムエンジニアとは?仕事内容、身に付けるべきスキルとは

「AI」「IoT」「ビッグデータ」など、デジタル技術の進化が著しい昨今。システムエンジニアの需要は増すばかりです。一方で、システムエンジニア不足は深刻な課題にもなっていて、需給ギャップは拡大傾向にあります。

その背景には、システムエンジニアの仕事、なり方などがわかりにくいことが一因として挙げられます。そこで、本記事ではシステムエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリアなどについてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

言語・職種
Swiftエンジニアの仕事内容と案件例を紹介!年収の試算例も

Swiftエンジニアとは、iPhone、iPad、MacなどのApple社製デバイス向けのアプリを開発するエンジニア職種です。Swiftは機能の追加や学習環境の拡充など、Apple社が力を入れてサポートするプログラミング言語のため、Swiftとそれを扱うエンジニアの将来性は高いといえます。

ここでは、これからSwiftの習得とSwiftエンジニアを目指す方に向けて、仕事内容や案件、年収事情、効率的な学習方法についても解説します。Swiftの概要を知り、学習開始の一助となれば幸いです。

\Swift案件多数!/