スキルアップ

システムエンジニアになるために何を勉強する?勉強方法と資格の選び方

更新日 2024/03/12

将来性の高さを見込んで、システムエンジニアに転身することを検討している方は少なくありません。システムエンジニアになるまでの道のりは長いものの、学習のための教材は豊富にあり、学習を始めるハードルは低いといえます。

そこで本記事では、システムエンジニアになるために必要な知識や勉強方法、資格についてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

この記事の監修者

INTLOOP株式会社​

TECH STOCK MAGAZINEサイト 監修部

TECH STOCKの運営会社であるINTLOOPで活躍している現役エンジニアで構成された監修部です。各領域の言語・スキルの知見を持ったメンバーが、現場の知見も含めて記事のチェック・監修を行っています。​

監修者プロフィールを見る

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニア(SE)とは、ITシステムやソフトウェアの設計・開発を行う人材です。

クライアントの要望をヒアリングし、その要望をシステムとして具現化できるように設計します。その設計をもとに開発を行い、導入や運用・保守まで一連の「システム導入」に関わります。

システムエンジニアの業務の例は、下記の通りです。

  • 業務システムの開発:製造管理や会計ソフト、物流など、業務で利用する情報システムを開発する
  • Webサイト制作:企業の公式サイトやECサイトを制作する
  • 組み込みエンジニア:製品や装置を動かすLSIや小型コンピュータ上で動作するソフトウェアの開発、製品・装置全体のシステム設計・開発を行う
  • 社内SE:社内の情報システム部門に在籍し、システムやインフラの構築あるいは発注、社内向けのヘルプデスクなど情報システム全般の管理を行う

システムエンジニアの仕事内容の詳細について知りたい方は下記も合わせてご覧ください。

関連記事
言語・職種
システムエンジニアとは?仕事内容、身に付けるべきスキルとは

「AI」「IoT」「ビッグデータ」など、デジタル技術の進化が著しい昨今。システムエンジニアの需要は増すばかりです。一方で、システムエンジニア不足は深刻な課題にもなっていて、需給ギャップは拡大傾向にあります。

その背景には、システムエンジニアの仕事、なり方などがわかりにくいことが一因として挙げられます。そこで、本記事ではシステムエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリアなどについてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

システムエンジニアに必要な知識やスキル

システムエンジニアとして活動していくために必要な知識やスキルは多岐にわたります。そこで以下では、最低限持っておきたい知識やスキルについてご紹介します。

プログラミングスキル

実装工程としてのプログラミングはプログラマーが担当することになりますが、システムエンジニアもプログラマーを兼務する場合もあります。また、システムエンジニアの前段階のキャリアとなるため、必須のスキルです。

またプログラミングを経て、プログラムを構成する力も得ることができます。システムの設計を担当するシステムエンジニアにとっては、全体を俯瞰して機能を組み合わせる構成力が必要な力です。

プログラミング資格 関連記事
スキルアップ
プログラミング資格10選!初心者向けから専門的な資格まで

プログラマーとしてスキルを証明するためには、資格を取得しても損はないものです。資格取得はスキルアップやキャリアアップにつながるなどのメリットもあり、また未経験でも勉強すれば取得できる資格もあります。今回はニーズに合わせたおすすめのプログラミング資格を10選ご紹介します。

\スキマ時間に案件を見てみる/

ネットワークほか、IT全般の知識

インターネットの仕組みや通信プロトコルであるTCP/IPなど、ネットワークエンジニアと連携が取れる程度の知識を習得しておくとベターです。
ネットワークの知識があると、仮にシステムの障害が発生した場合、障害の発生原因がネットワークにあるかどうか切り分けができます。

また、サーバーやOS、セキュリティなど、IT全般の知識についても精通しておく必要があります。

データベースの知識

情報システムで使われるデータは、データベースに格納されます。データをどのように格納し、活用するかは処理の流れのひとつであり、システムエンジニアも設計に関わることです。

データベースからデータを取得するための言語であるSQLの習得や、OracleやMySQLなどのDBMS製品の理解しておけると理想です。

クラウドの知識

システムはクライアントが所有するサーバー上だけでなく、クラウドサービス上に作成するケースもあります。また既存のシステムからクラウドサービスへアクセスが必要となることもあります。

クラウドサービスの代表格であるAWSやMicrosoft Azureなどは、比較的短期間で仕様やサービス内容の変更がなされているため、システムエンジニアとしても最新情報のチェックは欠かせません。

関連記事
スキルアップ
クラウドの技術を学ぶには?おすすめの資格試験や勉強方法を解説

大手企業のAmazonやMicrosoft、Googleなどがクラウドコンピューティングサービスを提供するなど、世界中でクラウドの活用が広がっています。このような背景に伴って、クラウドを活用できる技術者の需要も高まっているため、新たにクラウドを学びたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これからクラウドエンジニアとして活躍を目指すなら、資格試験を通してクラウドを勉強するのがおすすめです。この記事では、クラウドの基礎知識や代表的な技術やクラウドの学習におすすめの資格試験と勉強方法などをご紹介します。

これからクラウドについて学びたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

\クラウド案件多数!/

ヒューマンスキル

コミュニケーション能力やヒアリングなど、システムエンジニア以外の職種にも共通するスキルも必要です。

コミュニケーション能力

システム開発のプロジェクトは、リーダーをはじめ、開発メンバーなどを含めてチームで進めていくものです。円滑にプロジェクトを進めるためには、多様なメンバーとコミュニケーションを取り、誤認や情報伝達不足を避けなければなりません。

また社内だけでなく、プロジェクト推進中はクライアントとのこまめなコミュニケーションが必要です。

ヒアリング能力

クライアントから課題を引き出すためには、高度なヒアリング能力も必要です。クライアントとの質問・回答のやり取りを繰り返すことで、本質的な課題を見つけることができます。

また、システムエンジニア側としても有識者であるクライアントへの質問を通して、業務知識を深めることにも繋がります。

プレゼンテーション能力

ヒアリング能力とともに必須となるのが、プレゼンテーション能力です。クライアントの課題や設計について、開発を承認してもらうためには、聞き手に納得してもらえるだけのプレゼンテーションを行わなければなりません。

特にクライアントがITに精通していない場合は、専門用語を分かりやすくかみ砕いて説明する必要があります。

業務知識

コミュニケーション能力やヒアリング能力、プレゼンテーション能力の下地となるのが、クライアントの業務をどれだけ理解しているか、ということです。

金融や製造といった業界全般に通じる一般常識はもちろん、その業界ならではの特徴や慣行、勢力図、クライアント企業ならではの理念や経営戦略から具体的な業務プロセスなどが業務知識に含まれます。クライアント業務を理解しておけば、実効性のある提案ができます。

関連記事
スキルアップ
業界別IoT事例特集!IoTに必要なエンジニアスキルも解説!

IoT市場が活発です。2016年に1.4兆ドルといわれていた、IoT市場は2020年には3兆ドルを超えるとも予想されており、AppleやGoogle、Facebookといった、世界的に有名なIT企業も相次いで参入しています。
日本でも、東芝などの製造業を中心に、幅広く注目されている技術です。
また、最近ではヘルスケアの分野でも盛んに導入されており、この動きを無視することは大きなビジネスチャンスを逃すことになるでしょう。
しかし、IoTとはいったい何なのでしょうか。定義や事例などから、今後の動きや将来性についてまとめてみました。

\スキマ時間に案件を見てみる/

システムエンジニアになるための勉強方法

システムエンジニアになるためには、ご紹介したような幅広い知識が必要です。

企業に新卒として入社するなら入社後に研修が行われると見込まれますが、入社前に知識を習得しておいて損はありません。また中途採用や業務委託契約を行う場合でも、未経験者OKでも採用される可能性を踏まえ、勉強を継続しておくといいでしょう。

一からシステムエンジニアを目指すのであれば、まずはプログラミングから経験していくと、継続的な勉強に結びつきやすくなります。プログラミング学習のポイントと勉強方法をご紹介します。

プログラミング学習のポイント

プログラミング学習のポイントは下記の2つです。

基本は反復練習

プログラミング学習の基本は反復練習です。知識をインプットし、実際にコーディングを行ってプログラムを動かすアウトプットを繰り返すことで、効率的にスキルが身についていきます。

コーディングの反復練習には、コードを無料で実行できるサイトを使うのも手です。自宅PCに開発環境を用意して要件定義〜設計・実装までを一貫して体験すると、実践的な学びになります。

ほかにサーバーのレンタルやクラウドサービスの活用もおすすめです。製作したものを公開まで経験し、他の技術者から評価をもらえるとスキルはさらに向上します。

教材選び

教材を選ぶ際には、どのような教材があるか一定数確認し、自分のスキルに合っているかどうかを吟味することが大切です。書籍でも学習用Webサイトでも、試し読みや一部無料の教材を試してみて、わからなければ一段階レベルを下げて探し直すという方法があります。

周りで活躍しているエンジニアや情報発信をしているエンジニアがお勧めをしている教材を候補にするのもひとつの手です。

学習方法

学習の教材としては、書籍やWebサイト、プログラミングスクールの利用があります。

書籍の活用

書籍はプログラミング言語や業界といったカテゴリごとに特化した内容や、初心者向けから専門家向け内容まで多彩です。
この中から書籍を探すには、「ITエンジニア本大賞」など出版社ごとの人気書籍ランキングやAmazonランキングが目安のひとつとなります。

参考:ITエンジニア本大賞2023技術書・ビジネス書部門大賞が決定!

Webサイトの活用

無料で学べる動画サイトもあります。YouTubeやドットインストールは、有名な動画サイトの例です。またUdemyなど、スクールより安価で無料サイトより詳しく学べるサービスもあります。

プログラミングスクールの活用

書籍やWebサイトを探してみても見通しが立たない場合には、プログラミングスクールを活用するのが近道です。
未経験からプログラマー・システムエンジニアを目指す場合は、初心者向けのカリキュラムがあるTechAcademyやTECH CAMPが挙げられます。

システムエンジニア未経験でも目指せる資格

ほかにシステムエンジニアになるための勉強をするのであれば、資格を取得するという方法も有効です。

資格取得に向けて勉強すると、システムエンジニアに必要な知識を網羅的かつ体系的に学べます。資格を持っているだけでは当然業務はできませんが、実地経験の前に知識を得ておくとその後の開発も進めやすくなります。

下記は、システムエンジニア未経験でも目指せる資格です。

【入門】ITパスポート

ITパスポートは経済産業省によって認定された、情報処理技術の国家資格です。
情報技術の基礎の能力を見る試験で、ITを利用する人すべてが対象となっています。将来システムエンジニアとならなかったとしても、他の業務で役立ちます。

参考:ITパスポート試験

ITパスポート とは 関連記事
IT・ビジネス知識
ITパスポートとは?資格取得のメリットや合格率・魅力などを解説!

ITパスポートとは、近年注目を集めている情報処理技術者の入門ともいえる資格です。試験開始から10年超で受験者数は110万人を超えました。企業や大学などへの導入も進んでいます。ここでは、ITパスポートの概要やメリット、合格率、出題範囲、受験までの流れについてお伝えします。

\スキマ時間に案件を見てみる/

【基本】基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、「ITエンジニアの登竜門」という位置付けで、IT技術者としての基礎知識を問う国家資格です。

エンジニア未経験からの挑戦であれば若干難易度は高く感じるものの、エンジニア未経験でも合格可能な資格といえます。システムエンジニアとして働くのであれば、押さえておきたい資格のひとつです。

参考:基本情報技術者試験 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

基本 情報 技術 者 試験 と は 関連記事
スキルアップ
基本情報技術者試験とは?難易度や合格率・免除など制度概要について

基本情報技術者試験は、2023年4月から通年化されました。このことを受け、今後ますます受験者の増加が見込まれます。そこで今回は、ITエンジニアとして理解しておくべき基本情報技術者試験の試験内容やメリット、合格率、受験までの流れについて解説していきます。

\スキマ時間に案件を見てみる/

【もっと上を目指すなら】応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格です。基本情報技術者試験に比べてより実務的・応用的な問題が出題されます。
したがって、ITパスポートや基本情報技術者試験に合格した後に目標にしたい資格です。

参考:応用情報技術者試験 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

<実施要項>

ITパスポート 基本情報技術者試験 応用情報技術者試験
主催 IPA(情報処理推進機構)
実施方式 CBT方式 CBT方式 筆記
実施時期 随時実施 随時実施

(※令和4年度までは年2回実施)

年2回

春期(4月)、秋期(10月)

試験時間 120分 科目A:90分

科目B:100分

午前:150分

午後:150分

出題数 100問 科目A

 出題数 60問

 解答数 60問

科目B

 出題数 20問

 解答数 20問

午前

 出題数 80問

 解答数 80問

午後

 出題数 11問

 解答数 5問

試験費用 7,500円(税込)
合格率 51.1% 

※平成23年度~令和4年度の平均

49.4% 

※令和5年度の合格率

23.2% 

※令和5年度秋期試験

 

システムエンジニアの魅力

以下では、システムエンジニアとして働く魅力について、大標的なものを4つ紹介してまいります。

開発を通じてモノづくりの楽しさを感じられる、人の役に立つ実感がある

システムエンジニアの業務はIT技術という見えないモノをつかっているものの、モノづくりの楽しさが感じられます。
自分の力で構想し、ときには他の人の力も借りながら手掛けたシステムを実際に誰かが使っているシーンを見ると、人の役に立っていることを実感できます。

単純作業ではなくさまざまな業界に関われる

システム開発はどのプロジェクトでも同じことの繰り返しとはならず、クライアントならではの課題を孕むものです。

例えば、同じ会計システムを構築するとします。大企業にシステムを導入するケースと小規模の企業に導入するケースでは、少なくともデータ量もシステム利用者数も違い、必要となるサーバーやデータベースの規模、運用教育の面でも対応が異なってくることが想像できます。新たな課題を解決する点にシステムエンジニアならではの難しさとやりがいがあるのです。

成長を感じられる

システムエンジニアの業務を通じて、専門的な技術や汎用性の高いスキルが身につきます。さらにそれらのスキル次第で、複数のキャリアパスを選ぶことが可能です。

またプロジェクトが完遂すると、大きな達成感と成長した実感を得られます。そのプロジェクトに対する周りの人の評価からも、自分の成長を感じられます。

比較的高収入で将来性がある

企業規模にもよりますが、基本的にシステムエンジニアは全般的に日本の平均給与より高い収入を得ることが可能です。
例えば、システムエンジニア(業務システム)の平均年収は550.2万円となっています。IT人材不足が国の課題となって久しく、この給与の傾向は今後も続くと見られます。

参考:システムエンジニア(業務用システム) 職業詳細 |job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

関連記事
フリーランス
【完全版】フリーランスの年収相場|年収アップの方法なども解説

フリーランスとして独立するには多くの不安が伴いますが、中でも収入の不安定性は大きなハードルです。そんな中、いかにして安定した収入を確保し、さらには年収をアップさせるかは多くのフリーランスが直面する課題となっています。

この記事では、フリーランスの年収相場から、収入を向上させる具体的な方法まで、幅広く解説していきます。ぜひ最後までご覧頂けると幸いです。

\高単価の案件を見てみる/簡単60秒登録

システムエンジニアのここが大変?

どんな仕事にもやりがいがある反面、苦労する点ももちろんあります。システムエンジニアが対峙することの多い苦労するシーンについて2つご紹介します。

スケジュールが過密になりがち

システム開発プロジェクトは、クライアントにヒアリングを行ってシステムを設計、開発します。その間、未知の課題が発見されたり実際の業務には適応しにくいと判明したりすれば、仕様変更となります。
その場合には検討・仕様変更を行った分スケジュールが遅延する可能性が否めません。もともと納期が厳しかった場合には、さらにスケジュールが過密になりがちです。

技術の進歩についていく必要がある

IT業界は分野に関わらず、進化のスピードが速い業界です。近年だけでもDXや生成AIなど、新しいIT技術や概念がトレンドとなっています。

また一方で、情報セキュリティにおいても、情報漏えいや不適切な情報管理など、情報セキュリティに関する問題が後を絶ちません。
システムエンジニアとなると、このような技術の進歩やトレンドのニュースを知って自己研鑽に努める必要があります。

まとめ

システムエンジニアの魅力や苦労するかもしれない点、勉強方法についてご紹介しました。生成AIやDXといったトレンドの示す通り、IT業界において仕事が枯渇する可能性は当面低く、システムエンジニアとして働いた経験は他の分野にも応用を利かせることが可能です。

もしシステムエンジニアになるための勉強について迷っているのであれば、経験者から話を聞いてみるのがおすすめです。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

スキルアップ
JavaScriptの資格4選!難易度・取得のメリット・勉強法を解説

JavaScriptの資格取得には、自身のスキルを明示できる、ポートフォリオが充実するなどのメリットがあります。本記事では、JavaScriptの資格にはどのようなものがあるのか、資格の概要や試験の費用、難易度や取得するメリット、勉強法について詳しく解説します。

\JavaScript案件多数!/

スキルアップ
Webエンジニアに資格は必要か?おすすめの資格19選

Webエンジニアにとって転職やキャリアアップで重視されるポイントは、スキルや経験です。職務経歴書などで概要は伝えられますが、より詳しいスキルレベルを伝えるには資格の取得が有効な手段となります。もちろん、資格取得のための学習もスキル習得に有用です。

しかしながら、Webエンジニアの業務に関連する資格は非常に多く、どれを選ぶべきか迷うかもしれません。本記事では、Webエンジニアに関係する資格を整理して紹介します。担当分野別におすすめ資格をあげていますので、参考にして頂ければ幸いです。

\システムエンジニア案件多数!/

スキルアップ
システムエンジニアになるために何を勉強する?勉強方法と資格の選び方

将来性の高さを見込んで、システムエンジニアに転身することを検討している方は少なくありません。システムエンジニアになるまでの道のりは長いものの、学習のための教材は豊富にあり、学習を始めるハードルは低いといえます。

そこで本記事では、システムエンジニアになるために必要な知識や勉強方法、資格についてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/