スキルアップ

JavaScriptの資格4選!難易度・取得のメリット・勉強法を解説

更新日 2024/03/12

JavaScriptの資格取得には、自身のスキルを明示できる、ポートフォリオが充実するなどのメリットがあります。本記事では、JavaScriptの資格にはどのようなものがあるのか、資格の概要や試験の費用、難易度や取得するメリット、勉強法について詳しく解説します。

\JavaScript案件多数!/

この記事の監修者

INTLOOP株式会社​

TECH STOCK MAGAZINEサイト 監修部

TECH STOCKの運営会社であるINTLOOPで活躍している現役エンジニアで構成された監修部です。各領域の言語・スキルの知見を持ったメンバーが、現場の知見も含めて記事のチェック・監修を行っています。​

監修者プロフィールを見る

JavaScriptのおすすめ資格4選

JavaScriptのおすすめ資格は、主に以下の4つが挙げられます。資格取得の勉強をするにあたって、それぞれの資格の特徴や取得するメリット、難易度を把握しておくようにします。

  • HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2
  • Webクリエイター能力認定試験
  • CIW JavaScript スペシャリスト
  • JS Institute Certification

ここでは、2023年12月時点の資格の概要、および試験費用や日程などを紹介します。ただし、情報が更新される可能性があるため、受験前には各資格の公式サイトを必ず確認してください。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は、レベル1よりも高度な知識と技術が要求される試験です。レベル1の出題範囲にはJavaScriptが含まれていませんが、レベル2ではJavaScriptを含むWeb技術の深い理解が求められます。また、レベル2を受験するためにはレベル1の認定が必要なため、注意が必要です。

試験内容はJavaScript文法、WebブラウザにおけるJavaScript API、グラフィックス・アニメーション、マルチメディアなどが含まれており、これらの技術を駆使する能力が問われます。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2の資格は、ITSS「アプリケーションスペシャリスト」のカテゴリーにおいてレベル3に位置付けられています。難易度の参考にしてください。

資格の概要 レベル1よりも高度なWeb技術とJavaScriptの知識を測る資格試験
試験費用 16,500円(税込)
受験日程 都合の良い日程を自分で選択可能
全国各地の試験センターでの受験か、自宅や職場からのオンライン受験(OnVUE受験)
難易度 中級から上級者向け
※レベル1出題範囲にはJavaScriptが含まれていない

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、Web制作に関する幅広い知識を持つ人材を認定するための資格です。JavaScriptに関しては、エキスパートレベルの問題が出題されます。この試験を通じて、JavaScriptを含むWeb技術の深い理解と応用能力が評価されます。

また、この試験には実技も含まれており、HTML5やCSS3、JavaScriptなどのWeb技術に関する網羅的な知識が問われます。

資格の概要 Web制作に関する網羅的な知識と技術力を測る資格試験
試験費用 7,500円(エキスパート・税込)
受験日程 随時実施
会場と日時を要確認
難易度 出題範囲が広く、実技があるためやや難易度は高め
※JavaScriptは特に高度なレベルでの出題あり

CIW JavaScript スペシャリスト

CIW JavaScript スペシャリストは、JavaScriptの専門知識を有することを証明する資格です。JavaScriptに関する広範囲なトピックをカバーしており、Web開発におけるJavaScriptの使用に重点を置いています。

同資格は日本国内のみならず、世界で通用するグローバルな資格です。問題はすべて英文で出題されるため、受験するにあたっては高いレベルの英語読解力が求められます。

資格の概要 JavaScriptのプログラミングスキル、特にWeb開発における応用能力を測る資格試験
試験費用 150$(米ドル)
受験日程 随時実施
全国各地の試験センターでの受験か、自宅や職場からのオンライン受験
難易度 問題がすべて英文であること出題範囲が広いことから高め

JS Institute Certification

JS Institute Certificationは、JavaScriptの専門知識とスキルを認定する資格です。JavaScriptの基本から応用レベルの知識を広範囲にわたって評価します。2021年にスタートした比較的新しい資格です。

エントリーレベル・アソシエイトレベル・プロフェッショナルレベルの3段階があります。いずれのレベルの試験も、英文での出題となるため、受験するにあたっては高いレベルの英語読解力が求められます。

資格の概要 JavaScriptの理解と実践的な使用能力を測る資格試験
試験費用 エントリーレベル:59$(米ドル)
アソシエイトレベル:295$(米ドル)
プロフェッショナルレベル:2023年12月時点で準備段階(公式サイトに詳細情報なし)
受験日程 随時実施
ピアソンVUEテストセンターでの受験か、自宅や職場からのオンライン受験(OnVUE受験)
難易度 エントリーレベル:エントリーレベルのため、低め
アソシエイトレベル:エントリーレベル以上の知識が求められるため、やや高め
プロフェッショナルレベル:試験に関する情報がないため、不明
システムエンジニア 資格 関連記事
スキルアップ
システムエンジニアに資格は必要?おすすめの資格や基本スキルも解説

システムエンジニアとして働くために、必ず資格を取得しなければならないわけではありません。しかし、資格を取得しておくことによって、転職時のアピールポイントとして活用できたり、資格手当や一時金を受け取れる可能性があったりするため、ぜひ取得することをおすすめします。
本記事では、システムエンジニアの資格取得を推奨する理由やおすすめの国家資格・ベンダー資格、エンジニアとして活躍するために身につけておきたいスキルなどについて解説します。

JavaScript資格を取得するメリット

ここからは、JavaScriptの資格を取得することによる4つのメリットについて、詳しく解説します。JavaScriptの資格勉強をする前に、取得のメリットについて理解を深めておくことも大切です。

  • 学習目標とモチベーション維持ができる
  • 体系的な知識の習得、スキルアップにつながる
  • 客観的にスキルが証明できる
  • キャリアアップにつながる

学習目標とモチベーション維持ができる

JavaScript資格を取得しようと勉強することで、適切な学習目標とモチベーションの維持が期待できます。資格取得という明確なゴールがあるため、学習のモチベーションを低下させることなく、JavaScriptについて学び続けることができます。

目標のない場当たり的な学習は、モチベーションの維持が難しくなります。加えてモチベーションを維持しないことには、高いレベルの知識を習得するのは困難となります。

つまり資格取得という明確な目標を定めることで、ゴール(試験を受ける日)から逆算をして学習計画を立て、モチベーションを高く維持したまま、学習を進めやすくなります。

体系的な知識の習得、スキルアップにつながる

JavaScript資格の取得は、体系的な知識の習得とスキルアップにもつながります。JavaScript資格取得のための学習カリキュラムは、JavaScriptの基本から応用まで幅広くカバーしていることから、資格の勉強を通してJavaScriptの深い理解を得られます。

資格の種類によっては、技術的なスキルだけでなく問題解決能力や論理的思考力も養うことができるため、Webサイト制作に限らず幅広い分野での活躍が期待できます。エンジニアとしての基盤の一部を築くためにも、JavaScript資格取得は大きな一歩となります。

客観的にスキルが証明できる

JavaScriptの資格を取得することにより、客観的なスキルの証明が可能となります。資格を持っていることで、就職や転職の採用選考においてアドバンテージを得られることもあります。企業は資格を持つ候補者を即戦力として評価する傾向にあるからです。

さらに、学習した知識をポートフォリオに記載したり、実務に活かしたりすることで、仕事の幅を広げることが可能です。エンジニアとしてのキャリアを積む上で、JavaScriptの資格は大きな強みとなります。

キャリアアップにつながる

JavaScriptの資格取得がキャリアアップにつながる理由は、資格取得者の技術レベルが客観的に証明できる点と、JavaScript技術者の人材需要が高い点にあります。

JavaScriptは、Web開発において広範囲にわたり使用される言語であり、資格を取得することは、エンジニアとしての即戦力であることを示す証拠となります。特にWeb関連の仕事が増え続けている現代において、JavaScriptの資格は就職や転職において大きな強みとなり得ます。資格を取得していることで、転職をきっかけとしたキャリアアップも可能となるということです。

JavaScript資格取得の学習法

ここからは、以下3つのJavaScript学習法について詳しく解説します。JavaScriptの資格に限らず、資格取得の学習を効率的に進めるためには、まず自分に合った学習法を見つけることが必要です。

  • 書籍を活用する
  • Web学習コンテンツを活用する
  • プログラミングスクールに通う

書籍を活用する

JavaScript資格の学習法のひとつに、書籍を活用する方法があります。書籍を使うことで、自分の理解度に合わせて学習の進度を調節し、忙しい日常の中でも時間を見つけて学習を進めることができます。また、通勤時間などの「隙間時間」を有効活用し、効率的に学習することも可能です。

書籍を活用した学習法において重要なポイントは、自分の現在のスキルレベルに合った書籍を選ぶことです。学習中に行き詰まったときは、インターネットで解決策を検索する習慣をつけておくことも有効です。書籍を活用した学習法は、JavaScriptの資格取得に向けた学習において、柔軟かつ効率的なアプローチといえます。

Web学習コンテンツを活用する

JavaScriptの資格取得に向けた学習をするとき、Web学習コンテンツの活用は有効な手段です。インターネット上には、初心者から上級者までを対象とした多様な学習コンテンツがあり、それぞれのスキルレベルや学習スタイルに合わせて学習内容を選択できます。

多くのWeb学習コンテンツでは、質問や疑問に対するサポート体制が整っています。このサポートを利用することで、自分だけでは理解できない部分や難しいトピックに対しても、効率的に解決策を見つけることが可能となります。さらに、実際のプログラミング環境に近い形での学習が可能なため、実務に即したスキルの習得が期待できます。

プログラミングスクールに通う

JavaScript資格の勉強をするとき、プログラミングスクールを活用する方法には多くのメリットがあります。プログラミングスクールは、初心者から上級者までを対象に、わかりやすく作り込まれたカリキュラムを提供しており、自分のレベルに合った学習を進めることが可能となっています。

また、プログラミングスクールでは、わからないところがあれば、すぐに質問をして解決できるため、学習における挫折を防ぐことができます。対面やオンラインでのサポートが充実していることも、独学に比べて大きなメリットと言えます。

ただし、スクールにはコストがかかることが多く、その点を考慮する必要があります。教育訓練給付金などの支援制度の利用も検討の余地があります。

関連記事
スキルアップ
システムエンジニアになるために何を勉強する?勉強方法と資格の選び方

将来性の高さを見込んで、システムエンジニアに転身することを検討している方は少なくありません。システムエンジニアになるまでの道のりは長いものの、学習のための教材は豊富にあり、学習を始めるハードルは低いといえます。

そこで本記事では、システムエンジニアになるために必要な知識や勉強方法、資格についてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

JavaScript資格取得の勉強とともに身につけたいおすすめスキル

ここからは、JavaScript資格取得の勉強とともに身につけることで、より実践的な学びが得られる、以下4つのおすすめスキルを紹介します。

  • JavaScriptのフレームワークやライブラリのスキル
  • TypeScriptのスキル
  • サーバーサイドの知識とスキル
  • UI・UX関連のスキル

JavaScriptのフレームワークやライブラリのスキル

JavaScriptの資格取得を目指す際には、単に言語の基礎を学ぶだけではなく、実際の開発現場で役立つフレームワークやライブラリのスキルを身につけることが重要です。特に、React、Vue、Node.jsなどのフレームワークやライブラリは、Webアプリケーション開発で広く使われています。

これらのフレームワークやライブラリを学ぶことにより、JavaScriptの深い理解はもちろん、現在のWeb開発技術のトレンドに対応することができます。

関連記事
言語・職種
2022年JavaScriptのおすすめフレームワーク完全版!各フレームワークを徹底比較!

IoTやAIなどIT関連の話題では新しい技術が取り上げられる事が多い一方で、定番といえるプログラミング言語も日々進化しています。JavaScriptも今やWeb系プログラマーには必須の技術となりましたが、より使いやすいフレームワークを知っていれば開発のスピードも効率性も向上していくことでしょう。

そこで今回は、2023年におすすめするJavaScriptのフレームワークをご紹介いたします。新しいフレームワークを探している方や、今までフレームワークを特に使っていなかった方などはぜひ参考にしてみてください。

TypeScriptのスキル

TypeScriptは、JavaScriptに静的型付けなどの機能を追加するスクリプト言語です。JavaScriptとの互換性を持ちながら、大規模なアプリケーションの開発に適しています。

TypeScriptのスキルを身につける利点は、TypeScriptがエラーの発見を容易にし、より堅牢なコードの記述を可能にするところにあります。また静的型付けにより、開発段階でのバグの発見が容易になり、安全で保守しやすいアプリケーションの構築を可能にします。

サーバーサイドの知識とスキル

JavaScriptは、もともとフロントエンドの開発に使用される言語でした。しかし、Node.jsの登場により、サーバーサイドの開発でも利用されるようになりました。そのため、サーバーサイドの知識を共に身につけることで、エンジニアとしてのスキルや経験の幅を広げることが可能となります。

また、サーバーサイドの技術を理解することで、より効率的かつ効果的なコードを書くことができるようになります。これは開発の効率化だけでなく、保守性や拡張性の高いシステムの構築にも直結します。

関連記事
言語・職種
サーバーサイドエンジニアの仕事内容とは?将来性やキャリアパスを解説

サーバーサイドエンジニアとは、Webアプリケーション開発において「ユーザーから見えない部分」を担当する職種です。ITに関する幅広い知識が求められるため、プログラミング言語やデータベース、セキュリティ知識など、多種多様な知識・スキルについて学ぶ必要があります。

サーバーサイドエンジニアへの転職を検討しているものの、将来性や年収が気がかりだったり、「自分にもなれるのだろうか?」と不安に思っていたりする方もいるのではないでしょうか。本記事では、サーバーサイドエンジニアの仕事内容や将来性、身につけておきたい技術やキャリアパスなどについて解説します。

\サーバーサイドエンジニア案件多数!/

UI・UX関連のスキル

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進展する現在、UI(ユーザーインターフェース)およびUX(ユーザーエクスペリエンス)関連のスキルは、重要性を増しています(※)。JavaScriptの資格を取得する過程で、これらのスキルを身につけることは、エンジニアとしての価値を大きく高めることにつながります。

UI・UXのスキルは、ユーザーにとって使いやすく、魅力的なWebサイトやアプリケーションを設計するために不可欠です。これらのスキルを持つエンジニアは、ユーザーのニーズを理解し、効果的なインタラクションデザインを作成できるため、企業にとって大きな価値を持ちます。特にJavaScriptを活用したフロントエンドの開発において、UI・UXの知識は直接的に製品の品質とユーザー満足度に影響を与えます。

デジタル社会の実現に向けた重点計画(2023(令和5)年6月9日閣議決定)

JavaScript資格を取得するときの注意点

ここからはJavaScript資格を取得するときの注意点について、以下の3つを詳しく解説します。JavaScript資格の勉強を始めるにあたり、資格を保有するということは、実際にどういうことなのかを理解しておく必要があります。

  • 資格取得=収入アップではない
  • 資格取得=仕事獲得ではない
  • 資格取得=キャリアアップではない

資格取得=収入アップではない

JavaScriptの資格取得を検討する際、「資格取得が即座に収入アップにつながるとは限らない」点を理解しておくことが重要です。資格はあくまでスキルの一部を証明するものであり、その知識や技術を実務で活かし、経験を積むことがキャリアアップの鍵となるからです。

JavaScriptの資格を取得したからといって、すぐに給与が上がるわけではありません。資格取得は新たな学習のスタートラインに過ぎず、その後の実務経験の積み重ねや、プロジェクトでの成果が重要です。資格は自分のスキルセットを拡大し、エンジニアとしての市場価値を高める一助となりますが、給与アップには継続的な学習と実務での実績が不可欠です。

資格取得=仕事獲得ではない

2つ目の注意点として挙げられるのは、JavaScriptの資格取得に際して、資格が自動的に新たな仕事の獲得につながるとは限らない、という事実を理解することです。資格は技術分野において、知識の深さを証明する一つの方法であるものの、それだけで新しい仕事やその機会が舞い込むわけではありません。

JavaScriptの資格を活かすためには、ポートフォリオの構築、人脈の拡大、職務経験の充実など、自己アピールのための準備が必要です。資格は自分自身のスキルや知識などの一部を示すものですが、保持している資格を市場で価値あるものに変えるには、自分自身の努力と行動が求められます。

資格取得=キャリアアップではない

JavaScript資格の取得は、エンジニアとしてのスキルアップやキャリア形成において、一歩を踏み出すための有効な手段です。しかし、資格取得が直接キャリアアップにつながるわけではありません。

資格は自分自身の技術的な能力を客観的に示す一つの方法であり、資格そのものが仕事の幅を広げるものではないことを理解しておくことが重要です。

資格を取得したからといって、自動的にキャリアが上向くわけではなく、それを活かすためには積極的な努力と行動が必要になります。

エンジニア キャリア アップ 関連記事
フリーランス
【技術者向け】ITエンジニアのキャリアアップ方法と事例17選

ITエンジニアとしてキャリアアップしたくても、具体的にどのような行動をすれば実現するかわからないと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ITエンジニアがキャリアアップするための具体的な行動と事例について解説します。

以下リンクから、AI時代に自身の市場価値を高める、アピールする方法を解説する資料をダウンロード可能です。

\エンジニアのセルフブランディングのポイントを紹介!/

まとめ

JavaScriptのスキルを証明するためには、資格を取得することがおすすめです。資格の勉強を通して、さらにJavaScriptの理解を深めることができれば、仕事への意欲が高まったり、新しいキャリアを得るチャンスにつながったりするなどの利点があります。資格によって難易度が異なり、特徴やメリットも様々です。

本記事で紹介した資格試験の概要を参考に、自分のレベルに合った資格取得を目指すことが重要です。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

エンジニア スキル
スキルアップ
ITエンジニアに必要なスキル一覧!未経験者向けおすすめ資格も解説

ITエンジニアは、スキルアップやキャリアアップによって高年収も目指せる魅力的な職業です。しかし、どのようなスキルを身につければ希望の職種に就けるのか、わからない場合も多いものです。

本記事では、ITエンジニアに必要な最低限のスキルと、職種別に必要なスキルを紹介します。需要の高いスキルやスキルアップに有効な資格も解説するため、実際にスキルアップを検討する際の参考にしてください。

\高待遇・高報酬案件多数!/簡単60秒登録

スキルアップ
JavaScriptの資格4選!難易度・取得のメリット・勉強法を解説

JavaScriptの資格取得には、自身のスキルを明示できる、ポートフォリオが充実するなどのメリットがあります。本記事では、JavaScriptの資格にはどのようなものがあるのか、資格の概要や試験の費用、難易度や取得するメリット、勉強法について詳しく解説します。

\JavaScript案件多数!/

スキルアップ
Webエンジニアに資格は必要か?おすすめの資格19選

Webエンジニアにとって転職やキャリアアップで重視されるポイントは、スキルや経験です。職務経歴書などで概要は伝えられますが、より詳しいスキルレベルを伝えるには資格の取得が有効な手段となります。もちろん、資格取得のための学習もスキル習得に有用です。

しかしながら、Webエンジニアの業務に関連する資格は非常に多く、どれを選ぶべきか迷うかもしれません。本記事では、Webエンジニアに関係する資格を整理して紹介します。担当分野別におすすめ資格をあげていますので、参考にして頂ければ幸いです。

\システムエンジニア案件多数!/