Facebook
「IT業界で働きたい!」と思った人がすぐ思いつくのがSEと呼ばれる「システムエンジニア」という職種です。しかしITのエンジニアにも様々なジャンルがあることをご存知でしょうか?エンジニアはどれも専門性が高い仕事ですが、今回は「カスタマーエンジニア」の仕事について詳しくご紹介いたします。
カスタマーエンジニアってシステムエンジニアと何が違うの?プログラミング技術が必要?といった疑問をお持ちの方や、今後のキャリアプランをお考えの方もぜひ参考にしてみてください!

目次

1.カスタマーエンジニア(CE)の仕事って?

今は情報社会であり、どの会社や役所でもパソコンを使ってITインフラ、サービス、システムを利用するのが当たり前です。しかしこうしたシステムを安定的に稼働させるためには、専門知識を持った人材のサポートが必要です。ユーザーの困り事の相談やシステムの使い方まで、またトラブルが生じた際に迅速に対応するなど、信頼性の高い情報システムを提供し、システムの保守・点検・修理を行うのがカスタマーエンジニア(CE)です。

客先に常駐したり、顧客の依頼があった場合に対応するケースもあります。ハードウェアだけでなくソフトウェアのサポートをするカスタマーエンジニアもいる為、仕事内容は幅広く専門知識も必要になります。

1.設置する機器の選定

顧客がITサービスやシステムを新たに導入する為には、見合った機器を選定する必要があります。顧客が求める要望に対して最善の効果を発揮する事ができ、また不要な機能も極力ない方が良いです。費用や事業規模などあらゆる要素との兼ね合いも考えて、最も適した機器を提案する事が大切です。

2.機器の設置

機器が決まれば、客先へ設置をする必要があります。設置するハードウェアに対しての知識は当然ですが、ネットワークやサーバーなどITインフラに関する最低限の知識も持っている必要があります。

客先へ設置する場所も様々なので、よく顧客と打ち合わせをしてから決める事が重要です。最近ではサーバーをデータセンターと呼ばれる施設に入れるケースも多い為、あらゆる条件や状況を想定しておかなければなりません。またこうしたIT機器は精密機械なので、なるべく関係者以外は立入り出来ない所に置くなどセキュリティに対しての配慮も必要でしょう。

3.導入サポート

新しいシステムなどをスタートさせる為には、導入に向けた準備が必要になります。また顧客は新しいサービスやアプリケーションが導入されたからといって、すぐに使いこなせる訳ではありません。こうした準備や環境構築、データやアプリケーションの初期設定などをサポートするのもカスタマーエンジニアの役割です。システムがリリースされてからユーザーが困らないように、説明や教育も行います。

4.保守・点検

システムの運用が始まってからは、設置した機器に不具合が生じた場合や障害・バグが発生した際に修正などの対応を行います。ユーザーの元に常駐しながら保守するパターンや、必要に応じて伺うパターンがあります。他の機器との連携やバージョンアップなどが発生した際にも作業が発生する事があります。

2.システムエンジニア(SE)との違い

これまでカスタマーエンジニアの仕事に関してご紹介してきましたが、システムエンジニアと比べるとどのような違いがあるのでしょうか。システムエンジニアの仕事内容を見ながら比較していきます。

1.システムエンジニアとは

システムエンジニアの仕事は、企業や団体が使用するシステムの要件定義・システム設計、場合によっては開発やテストなども行います。プログラミングは基本的にはプログラマーの仕事ですが、システムエンジニアが一貫して担当する事もあります。他にもユーザーとの打ち合わせを行いスケジュール管理やプロジェクトメンバーのサポートなど、業務は多岐に渡ります。

2.カスタマーエンジニアとシステムエンジニアとの具体的な違い

カスタマーエンジニアとシステムエンジニアの違いは、システムエンジニアはシステムを構築する事が主な業務です。インフラ関連を整備したり、アプリケーションを開発する作業が中心になります。一方でカスタマーエンジニアは出来上がったシステムを顧客が使えるように導入サポート、または保守する事が主な業務です。システムエンジニアがシステムを構築し、カスタマーエンジニアは構築されたシステムが搭載されたハードウェアなどを顧客に導入していきます。

3.カスタマーエンジニアになるのに必要なスキル・資格

カスタマーエンジニアになる為には、システムエンジニアとは違ったスキルや資格が必要になります。ソフトウェア関連は必須な資格は特にありませんが、ハードウェアを扱う場合は特定の資格が必要になります。

1.カスタマーエンジニアは、保守点検の資格が必要⁉

電源・通信の保守点検を行う場合は、以下の資格が必須になります。法定で義務付けられている為、資格保有者でないと業務が行えません。

・電気工事士
・認定電気工事従事者
・工事担当者


こうした専門知識が必要になる他、やはりシステムの導入サポートなどにはITの知識が必要になります。ネットワーク関連の知識については、ITパスポートや基本情報技術者などの資格を取り基礎知識を身に着けていた方が良いでしょう。

2.カスタマーエンジニアは、クライアントとのコミュニケーション力が必要

また、顧客と直接やり取りが発生する為コミュニケーション能力が求められます。顧客にITの知識がサッパリないというケースもある為、説明やドキュメントをわかりやすく伝えられる能力や要望にしっかりと応えられる能力が必要になります。他にも保守・運用をする中でより良い改善提案を行い、売上アップを目指したりという提案能力もあるとなお良いです。

4.カスタマーエンジニアの需要と年収

カスタマーエンジニアの仕事内容や求められるスキルなどをご紹介してきましたが、カスタマーエンジニアの実際の需要や年収はどのようになっているのでしょうか?またシステムエンジニアなどの職種と比べるとどのような違いがあるのかなどもご紹介いたします。

1.カスタマーエンジニアの求人数

カスタマーエンジニアという仕事がどのくらい需要があるかを求人サイトindeedの求人数を参考に見てみたいと思います。

東京都のカスタマーエンジニアを条件に検索すると、求人は228件ありました。(2019年4月時点)同じく東京都のシステムエンジニアの検索数は19,791件、東京都のプログラマーの検索数は8,507件です。

後者のシステムエンジニアやプログラマーは知名度の高い職種なので、比べるとカスタマーエンジニアの求人は少なく見えますが、IT人材はこれからも人材不足が続くのでカスタマーエンジニアの求人が今後増えていく可能性はあります。しかしAIなどITの自動化が進むにつれ、顧客対応業務自体が減っていく懸念もあります。

2.カスタマーエンジニアの年収

カスタマーエンジニアの平均年収は「IT技術者向けスキル診断調査レポート(NPO法人ITスキル研究フォーラム)2016年」によると489万円という結果になっています。プロジェクトマネジメントやITアーキテクトなど、より専門的な能力や難しいIT資格が必要な職種に比べると、カスタマーサービスの年収はやや低くなっています。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?カスタマーエンジニアはシステムエンジニアと同じく幅広い知識や能力が必要になる為、やりがいのある仕事です。顧客とのコミュニケーション機会なども多い為、人と接する仕事が好きな人には向いているのではないでしょうか。今後カスタマーエンジニアを目指す人に少しでも参考になれば幸いです。