言語・職種

JavaScriptとは?できることや書き方、学ぶメリットを解説

更新日 2024/03/12

JavaScriptは、Web開発に広く活用されるスクリプト言語のひとつです。本記事では、初心者エンジニアに向けてJavaScriptの概要や特徴、実現可能な機能や基本的なコーディング方法、勉強方法について詳しく説明します。

\JavaScript案件多数!/

この記事の監修者

INTLOOP株式会社​

TECH STOCK MAGAZINEサイト 監修部

TECH STOCKの運営会社であるINTLOOPで活躍している現役エンジニアで構成された監修部です。各領域の言語・スキルの知見を持ったメンバーが、現場の知見も含めて記事のチェック・監修を行っています。​

監修者プロフィールを見る
java script とは

JavaScriptとは

JavaScriptは、Web開発において中心的な役割を果たすプログラミング言語です。Webページに動的な要素を加えるために使用され、HTMLやCSSと連携して、ユーザーインターフェースをより魅力的でインタラクティブなものに変えることができます。
ここでは、以下の4つのJavaScriptの特徴について詳しく解説します。

  • JavaScriptはスクリプト言語の一種
  • JavaScriptの特徴
  • Javaとの違い
  • JavaScriptを習得する前提条件

JavaScriptはスクリプト言語の一種

JavaScriptは、柔軟性と汎用性が高いスクリプト言語のひとつです。プログラムが書かれた後、即座に実行可能な点が特徴で、これにより迅速な開発が実現されます。
また、JavaScriptはページ遷移前、遷移時、遷移後にイベントが動く言語であり、ユーザーの行動に基づいてフォームの検証、動的なコンテンツの表示、アニメーションの追加など、さまざまな処理を行うことが可能です。

JavaScriptの特徴

JavaScriptはクライアントサイド(ブラウザ)とサーバーサイド(サーバー上)の両方で実行できます。サーバーサイドでJavaScriptを実行するためには、Node.jsといったプラットフォーム技術が必要です。
また、非同期処理機能を有しており、Webページの一部だけを更新する際、全ページをリロードする必要がないため、ユーザビリティを向上できます。

Javaとの違い

JavaとJavaScriptは、名前が似ているものの、まったく別の言語です。
最も顕著な違いは、用途です。JavaはサーバーサイドアプリケーションやAndroidアプリの開発に広く使用されるのに対し、JavaScriptはクライアントサイドでもサーバーサイドでも実行が可能です。
実行環境にも違いがあります。Javaは仮想マシン上で実行され、WindowsやmacOSなどさまざまなプラットフォームで動作するのに対して、JavaScriptは主にブラウザ上でのみ実行されます。
言語特性も異なります。Javaはコンパイル型言語であり、ソースコードを中間コードにコンパイルしてから実行されます。一方で、JavaScriptはインタプリタ型言語で、ソースコードがそのまま実行環境で解釈されます。

関連記事
言語・職種
Javaの今後は?現在と将来の需要について詳しく解説!

Javaは世の中で最も利用されているプログラミング言語で、今まで非常に多くのシステム開発プロジェクトで採用されてきています。しかし、今後はどうなるのでしょうか?プログラミング言語は現在数百種類あり、今後は他の言語にシェアを奪われていくことも考えられます。今回はJavaの現状について解説してみました。

以下リンクから、普段見られないフリーランスJavaエンジニアのキャリア事例集をダウンロード可能です。

\Javaエンジニアのキャリア事例集を紹介!/

JavaScriptを習得する前提条件

JavaScriptを効率的に学習し、実践的に活用するためには、HTMLとCSSの基本を理解しておくことが重要です。HTMLとCSSはWebページの構造とスタイリングを担当しており、JavaScriptと連携することで、より高度なユーザー体験の提供を可能にします。
HTMLはWebページの骨組みを作る言語で、コンテンツの構造を定義します。一方、CSSはHTMLにスタイルを適用し、Webページを視覚的に魅力的なものにします。JavaScriptはこの2つに加えて、ページに動的な要素やインタラクティブな機能を追加することが可能です。
したがって、JavaScriptを学ぶ前に、HTMLとCSSの基礎をしっかりと習得することが、Web開発における効率的な学習パスとなります。

JavaScriptでできること

JavaScriptは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語であり、動的なコンテンツを作成するために広く使用されています。また、現在のシステムやアプリ開発においては、JavaScriptとライブラリ、フレームワークを組み合わせることが一般的な手法です。
例えばjQueryは、JavaScriptのライブラリの中で最も歴史の深いものであり、デファクトスタンダードのような扱いで汎用的に使用されています。ここでは、JavaScriptとライブラリ、フレームワークを組み合わせるとどのようなことが実現できるのか、以下の7つのポイントに絞って解説します。

  • 地図やチャートでデータを可視化
  • 数式・文字列などの処理
  • フォーム機能の拡張
  • 効果的なデータベース管理
  • アニメーションの実装
  • 効率的なデータ処理
  • フォントの変更

地図やチャートでデータを可視化

JavaScriptとライブラリを使用し、地図やチャートでデータを可視化するには、主に以下が使用されます。

  • D3.js
  • Chart.js
  • Google Charts

D3.jsは、複雑なデータセットを視覚化する際に適しています。Chart.jsは操作が簡単で、美しいチャートを手軽に作成できることで人気です。Google ChartsはGoogle Mapsとの連携が容易で、特に地図データの可視化に有用です。
これらのライブラリを使用することで、大量のデータを直感的で理解しやすい形に変換できます。例えば、統計データやビジネスデータをグラフィカルに表現することで、情報の伝達効率を高めることが可能です。
可視化ライブラリは、販売データの傾向分析、地域別の人口統計表示、学術研究のデータ提示など、多岐にわたるアプリケーションで活用されています。

数式・文字列などの処理

JavaScriptとライブラリを使用して数式・文字列などの処理を行う際には、主に以下のライブラリが使用されます。

  • Math.js
  • D3.js

Math.jsは数学的な計算を行い、D3.jsはデータの可視化をサポートするものです。これらのライブラリを使用することで、複雑な数式の処理や、データのグラフィカルな表示が簡単に実現可能になります。
特にWebアプリやデータ分析ツールにおいて、これらのライブラリは大きな利便性をもたらします。例えば、オンラインの教育ツールや金融分析アプリでは、数式の処理やデータの視覚化が重要な要素です。JavaScriptとこれらのライブラリを組み合わせることで、使いやすく、視覚的にも魅力的なユーザーインターフェースを提供できるのです。

フォーム機能の拡張

JavaScriptとライブラリを使用してフォーム機能の拡張を行う際には、主に以下が使用されます。

  • React
  • Angular

Reactは、Facebookを運営するMeta社とそのコミュニティによって開発されたオープンソースのJavaScriptライブラリです。Reactでは、フォームの入力フィールド(テキストボックス、ドロップダウンなど)が「制御されたコンポーネント」として扱われます。このアプローチにより、フォームの値が常にReactのステートと同期されるため、状態管理が単純明快になり、UIの更新が予測しやすくなります。
Angularは、Googleによって維持されているオープンソースのフルフレームワークです。Angular におけるフォーム機能の拡張は「テンプレート駆動フォーム(Template-driven forms)」と「リアクティブフォーム(Reactive forms)」の2つのアプローチを用いて行われます。
テンプレート駆動フォームは、簡単なフォームや急速なプロトタイピングに適しています。一方、リアクティブフォームは、大規模かつ柔軟性が求められるフォームに適しており、ビジネスロジックとバリデーションが複雑な場合の管理に強みを発揮します。

効果的なデータベース管理

JavaScriptとライブラリを使用して効果的なデータベース管理を行うには、主に以下が使用されます。

  • Lodash

Lodashライブラリを使用することで、JavaScriptの配列やオブジェクトの操作が簡潔になり、コードの可読性や効率を高めることが可能となります。またデータの処理や変換を容易にすることもできます。

アニメーションの実装

JavaScriptとライブラリを使用してアニメーションの実装を行う際には、主に以下が使用されます。

  • GSAP (GreenSock Animation Platform)
  • Anime.js
  • CreateJS

GSAP(GreenSock Animation Platform)は、複雑なアニメーションを簡単に実装するためのJavaScriptライブラリです。高速かつ流体的なアニメーション実装が可能になるうえ、クロスブラウザの互換性も持っています。
Anime.jsは軽量で柔軟性が高く、CSSプロパティ、SVG、DOM属性などをアニメーション化できるライブラリです。簡単なAPIと事前に設定されているアニメーション効果が特徴です。これにより、開発者は手軽にアニメーションを実装できます。
CreateJSは、リッチインタラクティブなコンテンツを作成するために必要な一連のライブラリとツールで構成されています。特に、Canvas要素上でのグラフィックスやアニメーションの操作に強みがあります。

効率的なデータ処理

JavaScriptとライブラリを使用して効率的なデータ処理を行う際には、主に以下が使用されます。

  • DataTables
  • React
  • Vue.js

DataTablesは、データを整理し、整列した状態を作りつつ、検索処理を簡単に実装するためのライブラリです。HTMLテーブルを拡張して、データのソート、ページング、検索などを容易に行えるようにします。
Reactは、ユーザーインターフェースを構築するためのJavaScriptライブラリです。リアクティブなデータバインディングとコンポーネントシステムを特徴とし、データ駆動型のUI開発を効率化します。
Vue.jsは、シンプルで柔軟なデータ処理を可能とするフレームワークです。リアクティブなデータバインディングを提供し、データの変更がUIに自動的に反映されます。
ただし、ReactとVue.jsは、データ駆動型のUI開発において有効ですが、データ処理に特化しているわけではないので、注意が必要です。

フォントの変更

JavaScriptとライブラリを使用してフォントの変更を行う際には、主に以下が使用されます。

  • jQuery
  • Google Fonts API
  • CSS-in-JS

jQueryは、DOM操作を簡単にするためのライブラリです。フォントサイズやフォントファミリーなどのCSSプロパティを動的に変更する際に便利です。jQueryを使用すると、HTML要素のスタイルを操作するだけで、簡単にフォントの設定を変更できます。
Google Fonts APIはライブラリではありませんが、使用することで、Webページにカスタムフォントを簡単に組み込むことが可能となります。Google Fonts APIを通じて、多様なフォントを選択し、HTMLやCSSに直接リンクを追加することで、Webページのフォントを変更できます。
CSS-in-JSは、主にReactなどのライブラリ内で使用されます。JavaScript内で直接フォントスタイルを含むCSSを記述でき、これにより、コンポーネントレベルでフォントスタイルを容易に管理することができます。

JavaScriptの需要と将来性

JavaScriptは、Web開発の世界で中心的な役割を担っているECMAScriptとして標準化されたスクリプト言語です。そのシンプルさと柔軟性により、Web系のフロントエンド開発において世界標準のポジションを確立しており、現在でもその需要は高止まりしています。
JavaScriptは、Webサイトやアプリケーションのインタラクティブな要素を作成するために広く使用されています。このため、JavaScriptを習得することは、エンジニアとしての市場価値を高めることにつながります。さらに、新しいフレームワークやライブラリが継続的に開発されており、技術の進歩に伴ってスキルセットを拡張することが可能です。
ここからは以下の3つのポイントに絞って、JavaScriptの需要と将来性を解説します。

  • フロントエンドとサーバーサイドをフォローできる強み
  • 他言語との相性の良さ
  • 言語としての汎用性の高さ

フロントエンドとサーバーサイドをフォローできる強み

JavaScriptは、もともとWebブラウザで動作するフロントエンドの開発に使用される言語でした。しかしNode.jsの登場により、サーバーサイドの開発でも利用されるようになりました。
Node.jsは、JavaScriptをブラウザの外で実行するためのプラットフォームです。Node.jsの登場により、Webサーバーの構築やバックエンドのアプリケーション開発など、従来ブラウザ内でのみ可能だったJavaScriptの機能を拡張することが可能となりました。つまり、JavaScriptのスキルを身につけると、フロントエンドとサーバーサイドの両方の領域で活躍できるエンジニアになれるということです。

他言語との相性の良さ

JavaScriptは特に、フロントエンド開発においては主要な言語として位置づけられていますが、サーバーサイドの開発にも幅広く用いられています。この汎用性が、RubyやPHP、Javaなどの言語と組み合わせて開発されるプロジェクトにおいて、大きな強みとなっています。
そういった強みのある反面、JavaScriptエンジニアも他言語を併用することを求められやすい傾向にあります。例えばRubyやPHPなどのサーバーサイド言語との組み合わせは、JavaScriptエンジニアの一般的なスキルセットです。
つまり、JavaScriptとその他のプログラミング言語スキルを同時に身につけることで、将来的にも安定しやすくなるということです。

言語としての汎用性の高さ

JavaScriptの汎用性の高さは、多様なプラットフォームに対応している点にあります。ひとつのコードでLinuxやWindows、macOSなど複数のOSで稼働するアプリケーションを開発できます。マルチプラットフォーム対応が可能なJavaScriptは、エンジニアとしての柔軟性と市場価値を高めます。
JavaScriptの学習は、今後の技術開発や市場のニーズに応じた柔軟な対応が可能になるため、特にエンジニア未経験者やHTML・CSS初心者にとっては、キャリア形成の強力な基盤となります。JavaScriptの習得は、将来性のあるエンジニアとしての道を開く一歩と言えます。

\JavaScript案件多数!/

関連記事
言語・職種
フリーランスのJavaScript案件(求人)の最新トレンドを知ろう!

JavaScriptは1995年に誕生し、当初は静的なページの開発に使用されていましたが、2005年Microsoftにより、非同期通信のAjaxという技術が開発されて、JavaScriptは一気に普及しました。現在では、非常に多くのライブラリやフレームワークが登場し、アプリケーションのフロントエンド開発をする上で欠かせないプログラミング言語となっています。今回はそんなフリーランスのJavaScript案件についてのトレンド情報をご紹介します。

\今より年収をあげたいあなたへ/簡単60秒で会員登録

JavaScriptの基本的な書き方

ここからは、JavaScriptの基本的な書き方を詳しく解説します。JavaScriptの学習をこれから始める場合や、JavaScriptでコードを書いてみたい場合に、参考にしてください。
JavaScriptはWebページに動きを加えるために用いられる言語で、そのコードはHTMLファイル内に記述されます。初心者にとって最も基本的な方法は、<script>タグを使ってHTMLファイル内に直接JavaScriptコードを書き込むことです。
以下はJavaScriptコードの例です。

<script>
alert("こんにちは");
</script>

ただし、上記のようにJavaScriptのコードをHTMLの<script>タグと</script>タグの間に直接記述する書き方は、修正やチームの他のメンバーとの共有が難しいため、実際の開発現場では用いられないことがあるため、注意が必要です。
JavaScriptのコードは外部ファイル、つまり当該HTMLファイルとは別のファイルとしても記述できます。この方法では、拡張子が「.js」のファイルを作成し、その中にJavaScriptコードを記述します。その後、HTMLファイル内の<script>タグを使用して、作成した「.js」ファイルを参照します。外部ファイルを参照するこの方法は、コードの再利用や管理を容易にし、大規模なWebアプリの開発に適しています。

JavaScriptの学習法

ここからはJavaScriptの学習法のうち、書籍およびオンラインコンテンツでの学習について詳しく解説します。いずれも、それほど大きな金銭的負担なく学習を進められます。

書籍

JavaScriptの学習には、多くの書籍が利用できます。初心者から上級者まで、幅広いレベルに対応した学習書が出版されており、自分のスキルレベルや学習目標に応じて選ぶことが可能です。
JavaScript初心者の場合は、基本的な文法や概念をわかりやすく説明している書籍を選ぶようにします。JavaScriptの基礎から学ぶことが可能な書籍が最適です。
中級者向けの書籍では、より複雑な機能やアプリケーション開発を学び、実践的なスキルを伸ばすことが可能です。
上級者向けの書籍のなかには、最新のフレームワークやライブラリを使った高度なテクニックを学ぶことができる書籍もあります。
まずは書店に行き、自分が学びたい内容が含まれているかどうか、実際に手に取って確認することをおすすめします。

オンライン学習コンテンツ

オンライン学習コンテンツの多様性とアクセスのしやすさは、JavaScript学習初心者にとって大きなメリットです。無料から有料まで、さまざまなタイプの教材が存在するため、自分に合った学習スタイルを見つけることができます。
例えば、インタラクティブなチュートリアル、ビデオ講座、実践的なプロジェクトまで、多岐にわたる教材があります。これらのリソースは自宅での自己学習にも最適で、忙しい中でも自分のペースで学ぶことが可能です。

JavaScriptの学びやすい理由2つ

ここからはJavaScriptの学びやすさのうち、以下の2点について、詳しく解説します。JavaScriptが学びやすいと言われるのはなぜなのかを知ることで、学習の第一歩を踏み出す一助となれば幸いです。

  • 煩雑な環境設定不要で学べる
  • 問題解決のためのコンテンツが豊富

煩雑な環境設定不要で学べる

JavaScriptの最大の魅力の一つは、その学習の手軽さです。他の多くのプログラミング言語とは異なり、JavaScriptの開発には煩雑な環境設定やインストーラのダウンロード、環境変数の設定などが不要です。ブラウザがあればすぐに学習やコーディングを始められ、実際にコードを書き、動作を手軽に試すことができます。これにより、初心者でも迅速に学習を進めることが可能となります。
JavaScriptは、コンパイル不要でブラウザ上で動作します。コンパイルとは、プログラムコードをコンピュータが直接実行可能な形式に変換するプロセスのことですが、JavaScriptではこのステップが不要です。プログラムの動作をリアルタイムで確認しながら開発を進めることができるため、学習プロセスがより直感的かつ効率的になります。

問題解決のためのコンテンツが豊富

JavaScriptは世界中で広く使用されている言語であるため、豊富な学習リソースとコミュニティサポートが存在します。JavaScript初心者が直面する可能性のある課題や疑問に対して、オンラインの掲示板やコミュニティフォーラムで質問を投稿し、解決策を募ることが可能です。
また、すでに多くの質問が投稿されているため、それらの解決策を閲覧することで迅速に学習を進めることもできます。このようにJavaScriptの学習者は、世界中の知識を活用しながら学ぶことができます。

まとめ

JavaScriptは世界中で使用されているスクリプト言語で、プログラミング学習初心者やHTML、CSS習得者であれば学習しやすいとされています。JavaScriptのスキルを身につけることでWebサイト作成の仕事だけでなく、スマホアプリやWebアプリの作成など、仕事の幅を大きく広げることが可能となります。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

言語・職種
ITエンジニアに向いていない人の特徴は?悩んだときの解消法も解説

ITエンジニアになったばかり、あるいは未経験からITエンジニアになるための勉強をしている最中に「自分はITエンジニアに向いていないのではないか?」と不安を抱える人は少なくありません。この記事では、ITエンジニアに向いていない人の特徴と向いている人の特徴、ITエンジニアに向いていないと感じたときにすべきこと、悩んだときの解消法を解説します。

\高待遇・高報酬案件多数!/簡単60秒登録

言語・職種
ITエンジニアの将来性は?未経験からなれる需要あるエンジニアとは

近年、DX化やクラウドの浸透、またAIの進化にともない、ITエンジニアの需要が高まっています。一方で「ITエンジニアに将来性はあるのか」と、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。この記事では、エンジニアへのキャリアチェンジを目指す上で考えなければならないITエンジニアのキャリアについて解説します。

\高待遇・高報酬案件多数!/簡単60秒登録

 

言語・職種
【React(リアクト)とは?】学ぶメリットやできることを詳説

Reactは、ユーザーインターフェースを構築するためのJavaScriptライブラリのひとつです。Reactのニーズが高まっている背景にはSPA(Single Page Application)の普及があります。本記事では、JavaScriptを学んだ初心者エンジニアに向けて、わかりやすくReactの概要や特徴、Reactを使用した開発事例、Reactを習得するメリット・デメリット、環境構築法などを解説します。

\JavaScript案件多数!/