スキルアップ

Javaの資格取得で何が変わるの?メリットについて徹底解説!

更新日 2022/05/16
プログラミング言語の中でも一番の人気を誇り、WEBアプリケーションや、スマートフォンのアプリなどJavaを使ったものが多く、また世界中で使われ、仕事へ直結することが多いため年々資格をとろうとする人が増えています。ここでは Javaの認定資格の種類や対策などをご紹介します。

1. Javaの認定資格の種類、それぞれの取得難易度・受験費用に関して

Java SE 8に対応した認定資格が2015年5月下旬より開始されており、企業のシステムや、クラウドサービスなどで必要なアプリケーション開発に関する資格となります。

1.Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7/8

これまで言語に携わったことがない人向けの資格であり、Java言語を使ったプログラミングの基礎的な知識が求められます。認定資格を得るためには、Java SE 7/8 Bronzeを合格している必要があります。 今後Javaを勉強していくのであれば必須の内容が多く、しっかりと勉強すれば難しくはありません。 費用は13,600円となっています。

2.Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8

Javaアプリケーション開発に必要な基本的なプログラム知識が求められます。開発初心者向けであり、受験するにはJava SE 8 Programmerを先に保持している必要があります。 Javaに関する基本的な操作や、配列の使用など一般的な内容は理解している必要があります。またDate and Time APIの基本などプログラムの仕様を把握している必要があります。 費用は22,080円となっています。

3.Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8

中級から上級者向けの資格であり、Javaアプリケーション開発に必要なプログラミング知識の他、機能実装を行う技術が求められます。Java SE 8 Programmer II を合格して、初めて受験資格を得ることができます。 コレクションAPIやファイルI/Oなどのコアな部分、また最近新しく出来た機能など幅広く勉強をしておく必要があります。 費用は26,600円となっています。

4.新しいバージョンの資格を選択しましょう

Java資格は3~4年に一度の割合で新しいバージョンがリリースされています。企業が求めているのは、最新のバージョンであるため、資格をとるときは新しいバージョンのものを選ぶようにしましょう。

2.Javaの認定資格を取得することのメリット

1.対外的なメリット(対顧客)

顧客からもある一定のスキルがあると認められ、特にJava Goldを持っていると外資系企業などからも認められることがあります。またこれまでJavaに対して勉強、経験をしてきたことも評価されることがあります。

2.対外的なメリット(対転職先)

就職をする上で一番必要なのは、すでにあるシステムに対して即戦力であることなのですが、資格を持っていると一定のスキルはあると判断されるので、メリットになります。特にJava Goldは世界に通じる資格であり、転職に有利になったり、また資格手当を受給できる場合もあります。 資格があるからといって即採用されるわけではないのですが、メリットがあることは間違いありません。

3.Javaの認定資格を取得する際のオススメ本3選

Java Gold Se8 問題集 EXAMPRESS 試験範囲の内容をより詳しく知ることのできる問題集です。 ・徹底攻略 Java SE8 Gold 問題集 1Z0-809 インプレス出版 実際に試験にでる内容の問題が多いため、何度も繰り返し勉強をすることで合格につながります。 ・Oracle Certified Professional Java SE 8 Programmer II Study Guide: Exam 1Z0-809 アメリカのオラクル社が出版している問題集であり、試験対策には優れていると評判です。しかし全て英語表記のため、英語を理解する必要があります。

4.まとめ

資格を持っていたからといって、すぐに就職できるわけではないのですがある一定の知識やスキルがあることはわかります。特にGoldは全世界で共通の資格となっており、外資系企業からもスキルなどを認められることになるのです。 転職活動に、スキルアップにJava資格を勉強してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

おすすめの記事

スキルアップ
2022年最新版!AIに関連する資格まとめ ~それぞれの取得メリットを解説~
AI(Artifical Intelligence)は現在、ビジネスで非常に注目されている技術です。「AI搭載家電」、「AIを活用した営業」、「AI型教材」など、日常で使用している様々なものや仕組みにAIが利用されるようになってきています。これからもAIを使用した商品はどんどん開発されることが予想されるため、これからの時代その仕組みを理解しておけば仕事の幅を広げることができるはずです。今回は、AIに関する知識を得るための手段の一つとしてAI関連の資格についてまとめてみました。
スキルアップ
その会議、出る意味ありますか?~無駄な会議を無くし、生産性を高めよう~
私たちが仕事をしていく中で、必ずと言っていいほど『会議』というイベントが存在します。
会議は、会社の方向性を決める経営戦略会議から、課会やチームの定例会など大小様々な規模と内容で行われています。一週間の間に一度も会議がない、ということは極めて稀なのではないでしょうか。
私たちは、日々の業務の中で、自分たちが思うよりずっと多くの時間と労力を会議に費やしています。一度会議を行うだけでも、調整、準備、実施、後処理と多くの工数がかかります。さらに、実施だけに着目すると、会議に8人が出席し、1時間の議論をするだけで、1人の人が丸一日働いた時と同じくらいの工数がかかっていると言えます。もし、このような会議で議論がまとまらなくて目的を果たせなかったら、丸一日が無駄になってしまうのです。

このように、会議は仕事上で多くのウェイトを占め、多くの人に影響を与えます。非効率な会議ばかりをしていると、組織の生産性は著しく損なわれてしまうのです。あなたとあなたの周りの人の生産性が失われないよう、ひいては、組織の生産性を失わず、より効率よく会議を運営していくには何が必要なのか、考えていきたいと思います。
スキルアップ
他社事例を求めるクライアントの言葉の裏に潜んでいるホンネ ~相手を観察して、精度の高いアウトプットを出すには~
クライアントと接していると、他社事例の紹介を要求されることがあります。その言葉をそのまま受け止めて、社内の事例をかき集めていませんか?迅速に対応したいのは、やまやまでしょうが、ここでひと呼吸おいて、言葉の真意を探ってみることが重要です。
クライアントの言葉の真意について仮説を立て、それに沿った内容の事例を紹介することで、精度の高いアウトプットとなり、信用度も増し、案件のクロージングといった業務のゴールへ近づくことになります。
また、クライアントの真意を踏まえたうえで、自らのエネルギーの配分をコントロールすることが出来て、生産性を向上することが出来ます。
かくゆう筆者は、12年間のSE経験ののち、8年間外資系コンサルタント会社にフリーランスで契約し、戦略、IT、PMOコンサルタントとして活動していました。当時、クライアントとの人間関係構築や真意の把握に苦労した経験を持っています。そのころから、心理学、コミュニケーションについて学びはじめ、業務で実践して、とても効果的だったと実感しています。本記事を読んでいただき、精度の高いアウトプットを作成し、生産性向上の一助になれば、幸いです。