言語・職種

Androidエンジニアとは?スマホアプリ開発の業務内容や需要を解説

更新日 2023/11/16

スマートフォンの普及により、アプリ市場は急速に拡大しています。Androidアプリの需要も高まり続けており、それを背後で支えるAndroidエンジニアの役割は重要となっています。

しかし、具体的にAndroidエンジニアとは何か将来性があるのかどうかなど、わからない方もいるでしょう。本記事では、Androidエンジニアの概要や年収、求められるスキルなどを解説します。

\Android(Java)案件多数!/

Androidエンジニアとは?スマホアプリ開発の業務内容や需要を解説

Androidエンジニアとは?

Androidエンジニアとは、スマートフォンやタブレットなどのAndroidプラットフォーム上で動作するアプリケーションを、設計・開発・維持するエンジニアのことを指します。AndroidとiOSはモバイルOSとして知られていますが、両者にはいくつかの違いがあります。

Androidの最大の特徴は、オープンソースであるため、多様なデバイスで動作するアプリを誰でも開発することが可能な点です。また、Google Playストアを介して、多くのユーザーにアプリを提供できます。一方、iOSはApple製品専用のOSで、アプリ開発はより統一された環境の中でおこなわれます。

AndroidエンジニアはこのAndroidの特性を活かし、多岐にわたるデバイスで安定して動作するアプリを開発する役割を担うのが特徴です。

Androidエンジニアの主な仕事内容

Googleが開発したモバイルオペレーティングシステムであるAndroidを使用して、スマートフォンやタブレット向けのアプリケーションを開発・運用するAndroidエンジニアについて、主な仕事内容を詳しく説明します。

アプリの開発業務

アプリの開発は、多岐にわたる工程から成り立っており、アイデアから具体的な製品にまで落とし込むための多くのステップが含まれます。各工程にはその目的や重要性があり、一つ一つの工程を丁寧に進めることで、ユーザーにとって使いやすく、ビジネスとしても成功するアプリケーションを作り上げられます。

ただし、企業体制やプロジェクト規模によっては、エンジニアの対応範囲や負担する業務が変わってくる可能性があるため、以下の説明は参考程度にとらえてください。また、ここで説明する開発の流れは「アジャイル開発」と呼ばれ、Android開発に限らず、多くの開発現場で利用される手法です。

要件定義

要件定義は、アプリ開発の初期段階として極めて重要です。ここで言う「要件」とは、アプリが果たすべき役割や機能、ユーザーのニーズ、開発の範囲など、開発に必要な要素を明確にすることを指します。

要件を明確にするために必要となるのが、「ユーザーストーリー」や「ユースケース」の作成です。ユーザーストーリーとは、ユーザーがアプリを使用してどのような体験をしたいのかをストーリー形式で記述したものです。これにより、開発者はユーザーの視点での要望や体験を把握しやすくなります。

一方ユースケースとは、ユーザーの操作に基づく機能の動作や手順を明確にしたものです。ユーザーストーリーやユースケースが明確になったら設計を行い、ワイヤーフレームやモックアップを作成します。

ワイヤーフレームは、アプリの画面レイアウトや配置を示すスケッチのようなものであり、モックアップは実際のデザインや色合いを反映した実物そっくりのプロトタイプです。これらを作成することで、アプリの要件を明確に表現できます。

コーディング

要件定義でどんなサービスを実現するかを決め、設計でどう実現するかを考えたうえで、コーディングはデザイン画や設計図をソースコード化していく作業です。Androidエンジニアは、JavaやKotlinなどの言語を使用して、アプリを実際に動作させるためのコードを書きます。(※現在、GoogleはKotlinをAndroid開発の推奨言語としています。)

例として、Androidのショッピングアプリでは、商品リスト表示やカート機能などの機能が実装されており、これらの機能をそれぞれコーディングで示していきます。また、今後のメンテナンス性を考慮して、読みやすく、保守性の高いコードを書くことや効率的なアルゴリズムの選定が重要です。

保守性の高いコードとは、ほかのエンジニアが見て理解しやすく、変更や拡張が容易なコードのことです。アルゴリズムとは、問題を解決するための手順や方法で、効率的なものを選ぶことで、アプリの動作がスムーズになります。

参考:AndroidのKotlinファーストアプローチ

テスト

テストは、アプリが仕様通りに動作するか、UIがデザイン通り忠実に実装されているか、期待通りの品質かなどを確認するための工程です。アプリ開発において、エラーや不具合は避けられないため、それらを早期に発見し修正することが欠かせません。

まずは、単体テストでモジュールごとに関数やメソッドの動作を検証します。その後は、結合テストでモジュール間の連携を確かめ、システムテストでアプリ全体の動作やパフォーマンスを確認します。エラーや不具合が見つかった場合、バグを特定してコードを修正し、再度テストを実施することが大切です。

リリース

リリースとは、完成したアプリをユーザーに公開することを指します。Androidアプリの場合、Google Playストアというマーケットプレイスにアップロードする過程が含まれます。Google Playストアでは、アプリが一定の基準を満たしているかを確認する審査が行われるのが特徴です。

この審査を通過することで、Google Playストア経由でのダウンロードが可能となるため、Androidを利用する多くのユーザーへ提供できるようになります。また、リリース後もアプリの動作やユーザーからのフィードバックに基づき、定期的な更新や改善が欠かせません。

保守運用

アプリがリリースされた後も、その動作や品質を継続的に保つための活動が必要です。これを「保守運用」と呼びます。具体的には、新しいOSバージョンへの対応、エラーの修正、ユーザーからの要望に応じた機能追加などが含まれます。

アプリの寿命を長くするため、そしてユーザーの満足度を高めるために、定期的なメンテナンスやアップデートが不可欠です。

Androidエンジニアの需要や将来性

Androidエンジニアは、業界からみて需要や将来性が高いといえるのでしょうか。ここでは、データをもとにAndroidエンジニアの需要や将来性について解説します。

Androidエンジニアの需要は高い

Statcounterのグローバル統計によると、AndroidはモバイルOS市場で約70%のシェアを有しています。理由としては、iPhoneと比べてAndroidのほうが安価であるため、普及しやすいといったことがあげられるでしょう。

Android端末がさらに普及していけば、それに伴ってアプリの需要も高まっていきます。その結果、アプリの開発をするAndroidエンジニアの需要も急増していくでしょう。このように、Androidエンジニアは、Androidの普及率に伴い、需要も高まっていくと予想されます。

参考:世界のモバイルオペレーティングシステム市場シェア

Androidエンジニアは今後も伸び続ける

Androidエンジニアは、今後も需要が伸び続けていくと予想されます。そもそもAndroidのシステムは、スマートフォンだけでなく、タブレット、スマートウォッチ、テレビ、車載デバイスなど、多岐にわたるプロダクトで使用されています。

特にIoTの進展に伴い、家庭の家電から都市インフラまで、Android OSが組み込まれる機器の数は増加しています。これによりエンジニアには、スマートフォンやタブレットといったさまざまなデバイスに対応した開発やセキュリティ対策などの幅広いスキルが求められるようになりました。

この多岐にわたる対応能力と、常に更新されるAndroidの技術を追い続ける能力は、Androidエンジニアの価値をさらに高め、彼らの需要を今後も増加させる要因となるでしょう。

Androidエンジニアの年収

求人ボックスのデータによると、Androidエンジニアの平均年収は約598万円です。地域や経験によって大きく差異があり、都市部では年収が高くなる傾向があります。また、高度なスキルや経験をもつエンジニアはさらに高い年収を期待できるでしょう。

さらに、求人ボックスにおけるほかのIT職種の年収を見ると、システムエンジニアの平均年収は約509万円、Webエンジニアの平均年収は約549万円、アプリエンジニアの平均年収は約574万円となっています。

Androidエンジニアは、ほかのIT職種と比較しても高年収であることがわかります。先述のとおり、新興国では、コストパフォーマンスを重視したAndroid端末が多く流通しているため、アプリの開発に精通したエンジニアの需要は今後も増加するでしょう。

そして、このような背景から、Androidエンジニアの年収は今後も上昇傾向にあると考えられます。技術の進化と市場の拡大は、エンジニアとしてのスキルや知識の価値を高め、それが収入に反映されると予測されるためです。

つまり、Androidエンジニアとしてのキャリアは、収入の面での安定性や成長性が期待される領域であるといえるでしょう。

参考:Androidエンジニアの年収・時給|求人ボックス
※上記URLの情報は随時更新されます。

Androidエンジニアに求められるスキル

Androidエンジニアは、デバイスの多様性やOSの頻繁なアップデート、さらには市場の要求も変わりやすいため、常に最新の技術や知識を追い求める必要があります。また、アプリ開発業務ではなく、ほかのエンジニアにも共通して重要とされるスキルもあります。

さらに、企業の体制やプロジェクトの規模によって、求められるスキルが変わる可能性があるでしょう。ここでは、Androidエンジニアに特化した内容と、エンジニアとして身につけておきたいスキルをそれぞれ紹介します。

特有の知識

Androidエンジニアとしては、Androidアプリの開発で利用するプログラミング言語やフレームワーク、それらを管理するための開発ツールの理解が欠かせません。ここでは、それぞれの知識を解説します。

プログラミング言語の知識

Androidの主要なプログラミング言語としては、「Java」と「Kotlin」があげられます。それぞれ特有の文法や特徴をもちますが、Javaはオブジェクト指向プログラミングの基礎を学ぶうえで欠かせない言語です。

一方、Kotlinはより簡潔にコードを記述できるため、生産性向上やコードの可読性の向上が期待されます。特にKotlinの拡張関数やデータクラスなどの機能は、効率的な開発をサポートしています。

今まではJavaを使ったAndroid開発が主流でしたが、最近はKotlinを利用した開発案件が増えています。また、現在GoogleはKotlinをAndroid開発の推奨言語としているため、Androidエンジニアとして必須のスキルと言えます。

開発ツールの理解

Androidの開発でよく利用されるツールとして、「Android Studio」があげられます。Android Studioは、Androidアプリ開発に特化した統合開発環境(IDE)です。エミュレータの操作や、デバッグツール、lintによるコードの品質チェックなど、多岐にわたる機能をもっています。

また、チームで働くうえで欠かせないのが「Git」です。Gitはソースコードを管理するツールとして有名であり、チームでの開発を円滑にしてくれます。チームとして開発をするのであれば、Gitの知識は必須でしょう。

特に開発したソースコードをマージするときは、コマンドの理解やチームでのコミュニケーションを円滑にする必要があります。

フレームワークの知識

フレームワークとは、開発者がアプリケーションやソフトウェアを効率よく、安全に開発するための基盤や骨組みのことを指します。活用することで、開発者が一からすべての機能や構造を作成するのではなく、フレームワークの提供する機能や構造をベースとし、そのうえに機能やサービスを追加していく形になります。

フレームワークの導入により、開発プロセスの標準化、高速化、セキュリティ強化が図られるため、多くの開発者にとって必須のツールといえるでしょう。Androidの開発においても、多くのフレームワークやライブラリが存在します。

例としてFacebookが開発したフレームワークであるReact Nativeは、Webのフロントエンド開発で人気のあるReactの考え方をモバイルアプリ開発に持ち込むことで、効率的にクロスプラットフォームのアプリを作成することを可能にしたものです。

こうしたフレームワークやライブラリを適切に組み合わせることで、効率的でセキュアなAndroidアプリの開発が可能となります。

関連記事
言語・職種
2022年Javaの最新お勧めフレームワーク5選!!

エンジニアとしてスキルを深めていくのであれば、切っても切れない関係にあるフレームワーク。特にフリーランスのエンジニア案件では特定のフレームワーク経験が求められることが多いです。今回は未だに最も使われているプログラミング言語Javaのフレームワークについてご紹介したいと思います。

汎用的な知識

技術的なスキルだけでなく、エンジニアとしての基本的なマインドセットも必要とされます。ここでは、エンジニア全般に必要となるスキルを解説します。

システム開発の知識

システム開発には、要件定義や基本設計、詳細設計などさまざまなフェーズが存在し、その一つ一つに独自の要点や注意点があります。具体的には、要件定義でのクライアントの要望の明確化、設計でのシステムの大枠の構築、実装でのコードの品質管理、テストでのバグの検出と修正、そしてリリースにおける運用上の注意点などがあげられます。

システムを効率的に、かつ品質高く開発するためには、アジャイルやウォーターフォールといった開発手法の理解が不可欠です。これらの手法はプロジェクトの規模や目的、制約等によって最適なものが異なるため、多様な手法への理解とその場面での適切な選択が求められます。

さらに、設計パターンの知識やシステムの構成を考えるアーキテクチャの設計を理解することで、後のメンテナンスや拡張性を確保し、長期的なシステム運用を見据えることが可能です。

テストに関する知識

テストは、品質の高いソフトウェアを提供するためにも重要です。具体的には、JUnitというツールを使用した単体テストや、Espressoを使用したユーザーインターフェースのテストがあります。

テスト手法に対する知識も欠かせません。その一つのテスト駆動開発は、実際に機能を実装する前にテストを先に作成する手法であり、品質を保ちつつ効率的に開発を進める手法として採用されるケースが多いです。

ほかにも振る舞い駆動開発は、システムの振る舞いを先に定義してから実装を進める手法で、ユーザーの期待する動作に焦点を当てた開発が可能となります。

このように、テストを効率化させるためのツールや手法が登場しているため、上述の内容については理解しておくといいでしょう。

ヒューマンスキル

テクニカルなスキルだけでは、チームでの開発やプロジェクトの進行は難しいのが現実です。それをサポートするのがヒューマンスキルです。チーム内でのスムーズなコミュニケーション能力は、異なる背景や専門領域をもつメンバーとの意見のすり合わせや認識の共有において欠かせません。

プロジェクト進行上の問題や障害が発生した際の迅速かつ冷静な判断、そしてその解決能力も求められます。さらに、技術の進化は日進月歩であり、新しい技術のトレンドやツールに対する学びの姿勢や適応力も非常に重要です。

これらのヒューマンスキルがあると、プロジェクトの円滑な進行やチームの士気向上、そして最終的な成果物の品質向上に繋がります。

Androidエンジニアは未経験から目指せるのか

Androidエンジニアとしてのキャリアを未経験から築き上げることは、困難な道のりとなるでしょう。なぜなら、IT業界は基本的に実践経験を最重要視する業界であり、未経験者は実践経験がなく、アピールができないままハンディを乗り越えなければならないためです。

未経験からこの道を歩みたい方々が初めに直面する可能性のある壁は、実際に現場でプロジェクトに携わったときです。最近は未経験OKと銘打って採用する企業が増えてきましたが、その中には十分な教育体制やフォローシステムをもたないところも見受けられます。

このような企業に入社してしまうと、スキルを身につけられずにプロジェクトへアサインされるため、業務をする中で戸惑いや困難を感じる日々が続くことになるでしょう。さらにはミスの連続やチーム内のコミュニケーションの取りにくさなど、多くのストレスを感じることとなります。

こうした厳しい状況の中でも未経験でやっていくためには、私的な時間を割いて自己学習をし続けなければなりません。未経験からAndroidエンジニアを目指すうえでは、こうした自己学習の時間の確保が重要な鍵となります。

自己学習を通じて、これらの壁を乗り越えられるのであれば、未経験者であっても十分にエンジニアとしての地位を築き上げられるでしょう。

未経験からの成功の鍵は、自身の強い意志と動機、そして適切なサポート環境の3つです。自分の学びたいという意欲、そして乗り越える戦略を明確にもつことで、未経験からでもエンジニアとしての成功をつかむことができるでしょう。

未経験から学ぶための方法

未経験からAndroidエンジニアを目指す際の学び方にはいくつかの方法が存在します。ただし、いずれの方法も「これを行えば必ず転職できる」という保証はありません。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、自身の生活環境や学びのスタイルに合わせて選択することが大切です。ここでは、その方法について解説します。

オンライン講座の活用

現代におけるオンライン学習の進展は著しく、Udemyなどのプラットフォームには多岐にわたる講座が提供されています。この手段を利用すれば、場所を問わず、自分のペースで学習を進められるのが最大のメリットです。

特に、自宅や通勤時間などのスキマ時間を活用して効率的に知識を吸収できます。しかし、その一方で、自分自身の学習管理が求められるため、モチベーションの維持が課題となることがあります。さらに、即座に質問や疑問点を解消するためのサポートが限られていることが多いのもデメリットです。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールは、未経験者をエンジニアへと導くためのブリッジとして、多くの人々に選ばれています。その最大の理由は、経験豊富なプロのエンジニアから直接的な指導を受けられる点にあります。

緻密に計画されたカリキュラムを通して、実践的なスキルや知識を効果的に習得できるのはもちろん、同じ志をもった仲間との繋がりも深まるでしょう。しかしながら、コース料金や移動時間、スクールの質など、注意点も多いため、参加前の十分な下調べが欠かせません。

独学で進める

独学は、学習の自由度が高いのが魅力です。自身の関心や必要に応じて、学びたい内容やペースを自由に設定できるため、深く掘り下げたいテーマに専念することも可能です。

資料やリソースはインターネット上に無尽蔵に存在し、低コストでアクセスできるのもポイントとなります。ただ、その海のような情報の中から、どの情報が正確で信頼性が高いのかを見極めるセンスが求められるため、情報の選別や優先順位の設定が重要です。

また、自らのモチベーションを絶やさず維持していくための自己管理能力も不可欠です。モチベーションを保てないと、途中で挫折してしまいます。

関連記事
スキルアップ
Android技術者認定試験とは?試験制度や難易度について解説

Android技術者認定試験は、Androidのアプリケーション開発・プラットフォーム開発のスキルと知識を評価するための試験です。多くのエンジニアが自らの技術力を公式に証明できるため、新しいキャリアのステップになるでしょう。

本記事では、これからAndroidエンジニアとしてステップアップを目指す方に向けて、試験の詳細や勉強方法などを解説します。

\Android(Java)案件多数!/

未経験から目指すときに意識すべきポイント

未経験からAndroidエンジニアを目指すのは困難な道のりです。しかし、ポイントを意識しながら正しい手順で進めていければ、Androidエンジニアへの道が近づけます。ここでは、未経験から目指すときに意識すべきポイントを4つ紹介します。

メンターを活用する

メンターとは、経験豊富なプロフェッショナルであり、自身の学びやキャリア形成をサポートしてくれる存在です。彼らは、技術的なガイダンスだけでなく、キャリアに関するアドバイスも提供してくれるため、プログラミングの道を進む際の強力なサポートとなります。

メンターを見つける方法としては、まず身の周りの知り合いや業界の人脈を活用することがあげられます。また、オンラインサービスのココナラやSNSを通じて、経験豊富なエンジニアやプロフェッショナルを探すことも一つの手段です。

エラーは当たり前の精神をもつ

エラーとは、プログラムの実行や動作に問題が生じたときに表示されるメッセージや状態のことです。これらは、コードの記述ミス、未定義の変数、外部ライブラリの問題など、さまざまな原因で発生します。

また、実際の現場でも、エラーは頻発するものと認識すべきです。しかし、エラーの存在は、コードの不具合や欠陥を指摘するものであり、それを解決することで技術的な成熟を迎えることができます。

同じ目標をもつ仲間をつくる

一人での学びは時として孤独感を伴います。しかし、同じ目標を追い求める仲間とともに進むことで、その孤独感は大きな力となります。

仲間たちとの情報共有やディスカッションを通じて、新たな視点や知識を得られます。お互いの成果を称賛し合い、モチベーションを上げていくことが、成功への近道となるでしょう。

ポートフォリオを作るためにアプリを開発する

ポートフォリオは、技術者としての実力や達成したプロジェクトを第三者に示すための重要なツールです。具体的な成果物をもって自らのスキルを証明することで、履歴書や職歴だけでは伝えられない実際の能力を具体的にアピールできます。

転職活動の際、特に未経験からエンジニアを目指す方にとって、ポートフォリオは自分の技術力を明確に示せる大きな武器となります。面接官は、あなたの技術的な知識や経験を知りたいと思っていますが、口頭での説明だけではその深さや幅を十分に伝えることは難しい場合が多いからです。

しかし、自ら開発したアプリやプロジェクトをポートフォリオとして提示することで、具体的な技術力や問題解決能力、さらにはシステム開発への取り組み方などを直接示せます。

また、ポートフォリオは面接の際の話題提供やディスカッションのきっかけともなります。作成時に直面した技術的な課題やそれをどのように乗り越えたのか、どのような思考をもってアプリやサービスを開発したのかなど、実際の経験をもとにした具体的な話をすることで、面接官とのコミュニケーションがスムーズに進行し、あなたの人間性や考え方、技術への情熱なども伝えられるでしょう。

つまり、ポートフォリオをもっていることで、技術的なスキルだけでなく、プロジェクトを遂行する際の姿勢や取り組み方、そして熱意や情熱を明確に伝え、転職活動を有利に進めることが期待できるといえます。

まとめ

Androidエンジニアは、スマホアプリの増加に伴い注目されている職種です。アプリの開発から運用まで、さまざまな知識と技術が要求されますが、一方で高収入が期待できます。経験がない方でも、正しい道筋で学習を続けていけば、Androidエンジニアとして活躍できるでしょう。キャリアの選択肢として、考えてみてはいかがでしょうか。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

フルスタックエンジニア
言語・職種
フルスタックエンジニアに必要なスキル・資格とは?なるにはどんな学習が必要?

エンジニアのキャリアの一つとして、フルスタックエンジニアというものがあります。定義は様々ですが、さまざまな領域を経験したことにより広い視点で全体を俯瞰できるようになり、全体バランスを考えながら行動できるようになったエンジニアという位置づけです。

本記事では、フルスタックエンジニアに興味を持つエンジニアに向け、スキルや年収、フルスタックエンジニアになるためのキャリアパスなどを解説します。

\システムエンジニア案件多数!/

言語・職種
システムエンジニアとは?仕事内容、身に付けるべきスキルとは

「AI」「IoT」「ビッグデータ」など、デジタル技術の進化が著しい昨今。システムエンジニアの需要は増すばかりです。一方で、システムエンジニア不足は深刻な課題にもなっていて、需給ギャップは拡大傾向にあります。

その背景には、システムエンジニアの仕事、なり方などがわかりにくいことが一因として挙げられます。そこで、本記事ではシステムエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリアなどについてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

言語・職種
Swiftエンジニアの仕事内容と案件例を紹介!年収の試算例も

Swiftエンジニアとは、iPhone、iPad、MacなどのApple社製デバイス向けのアプリを開発するエンジニア職種です。Swiftは機能の追加や学習環境の拡充など、Apple社が力を入れてサポートするプログラミング言語のため、Swiftとそれを扱うエンジニアの将来性は高いといえます。

ここでは、これからSwiftの習得とSwiftエンジニアを目指す方に向けて、仕事内容や案件、年収事情、効率的な学習方法についても解説します。Swiftの概要を知り、学習開始の一助となれば幸いです。

\Swift案件多数!/