スキルアップ

Android技術者認定試験とは?試験制度や難易度について解説

更新日 2023/11/16

Android技術者認定試験は、Androidのアプリケーション開発・プラットフォーム開発のスキルと知識を評価するための試験です。多くのエンジニアが自らの技術力を公式に証明できるため、新しいキャリアのステップになるでしょう。

本記事では、これからAndroidエンジニアとしてステップアップを目指す方に向けて、試験の詳細や勉強方法などを解説します。

\Android(Java)案件多数!/

Android技術者認定試験とは?

Android技術者認定試験には「アプリケーション開発向け」と「プラットフォーム開発向け」の2系統があり、それぞれの領域のスキルと知識が評価されます。以下、詳しい試験の概要と意義、出題範囲と内容、合格率と難易度、そして試験日程、受験料、申し込み方法について解説します。

Androidエンジニアとは?スマホアプリ開発の業務内容や需要を解説 関連記事
言語・職種
Androidエンジニアとは?スマホアプリ開発の業務内容や需要を解説

スマートフォンの普及により、アプリ市場は急速に拡大しています。Androidアプリの需要も高まり続けており、それを背後で支えるAndroidエンジニアの役割は重要となっています。

しかし、具体的にAndroidエンジニアとは何か将来性があるのかどうかなど、わからない方もいるでしょう。本記事では、Androidエンジニアの概要や年収、求められるスキルなどを解説します。

\Android(Java)案件多数!/

試験の概要と意義

AndroidはGoogle社、QUALCOMM社、T-Mobile社などを中心とした「Open Handset Alliance」(OHA)が開発し、Android Open Source Project(AOSP)が提供しているプラットフォームです。Linuxカーネルをベースとしオープンソース方式のプロジェクトで開発されており、多様な機器への搭載にあたりライセンス等のハードルが低いのが特徴です。

特に、Android搭載のスマートフォンやタブレットの普及により、この技術に精通したエンジニアの需要が高まっています。こうした背景もあり、Android技術者認定試験制度が設立されました。

Android技術者認定試験は、以下の2つのカテゴリに分かれています。

  • アプリケーション技術者認定試験:アプリ開発を目指すエンジニア向け。
  • プラットフォーム技術者認定試験:プラットフォーム周りを担当したいエンジニア向け。

これらの試験は「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2レベル構成となっていますが、プロフェッショナルは現在準備中となっており、実際に試験が実施されているのは「ベーシック」のみです。

資格取得のメリットとしては、自らのスキルを客観的に認識し、キャリアの指標として利用できること、そしてそのスキルを公正に評価される資格として外部に示すことができる点が挙げられるでしょう。

(参考:Android™技術者認定試験制度

出題範囲と内容

試験の出題範囲は主に以下の2つに分かれています。

  • アプリケーション:アプリケーションの開発や運用に関する知識や技術。
  • プラットフォーム:OSやその他のプラットフォームに関する深い知識や技術。

受験する試験の選定や詳細な出題内容については、公式サイトで詳しく説明されているため、下記のサイトを参考にしてください。

(参考:Authorized Certification of Engineer for Android

合格率と難易度

公式サイトが2015年に公開した公式情報に基づくと、Android技術者認定試験の合格率はアプリケーション技術者認定試験が44.6%、プラットフォーム技術者認定試験が27.3%となっています。

アプリケーション技術者認定試験の合格率は年々上昇傾向にあり、50%を超える年もあるようです。一方で、プラットフォーム技術者認定試験の合格率はアプリケーション技術者認定試験よりも低く、年々下降傾向にあるようです。しかし、2015年と古いデータを採用しているため、参考程度にするのがよいでしょう。

難易度について、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が定めるITスキルのマップ(ITSS)によるとAndroid技術者認定試験はレベル2となっており、基本情報技術者試験と同様のレベルです。

試験日程、受験料、申し込み方法

Android技術者認定試験は、通年開催されています。受験を希望する方は、プロメトリック社ホームページで試験日程をチェックし、自身のスケジュールと合わせて選定することができます。

受験料については、アプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定ともに税込みで16,500円です。申し込み方法は以下を参考にしてください。

  1. 公式サイトにアクセスし、受験を希望する試験を選択。
  2. 必要な個人情報や受験日程を入力。
  3. 受験料の支払い手続きを行う。
  4. 支払い完了後、受験票がメールで送付される。

Android技術者認定試験に合格するための5ステップ

Android技術者認定試験に合格するためには、下記5つのステップにしたがって進めるのが効果的です。

  1. 受験する試験を決める
  2. 試験に足りないスキルを洗い出す
  3. 学習計画を立てる
  4. 学習方法を決める
  5. 問題集や模擬試験を活用する

ここからそれぞれ解説していきます。

受験する試験を決める

Android技術者の認定試験は大きく「アプリケーション開発」と「プラットフォーム開発」の2種類に分けられます。異なる専門知識やスキルが求められるため、きちんと理解し、自分のキャリアビジョンや興味に合わせて選ぶことが重要です。

下記に、それぞれの試験の概要をまとめています。

  • アプリケーション技術者認定試験:スマートフォンやタブレット向けのアプリの開発に関する知識を問う試験です。UI/UXの設計からAPIの利用、データベース操作まで、アプリ開発に必要な全般的なスキルを網羅しています。特に、アプリ開発者として活躍したい方や、新しいアプリのアイデアを形にしたい方に向いています。
  • プラットフォーム技術者認定試験:Android OSそのものや、その上で動くシステムアプリ、ツールの開発・管理に関する知識を問います。OSの深い部分、例えばカーネルのカスタマイズやセキュリティの強化、さらにはデバイスの最適化などが主要なトピックとなっています。OSのメカニズムに興味がある方や、デバイスの性能を最大限に引き出したい方にはこの試験がおすすめです。

自分が将来どのようなエンジニアになりたいのか、どの領域に興味があるのかを考え、それに応じて試験を選ぶことが第一のステップとなります。

試験に足りないスキルを洗い出す

次に、選択した試験の内容と自分のスキルを突き合わせてギャップを確認します。このステップは非常に重要で、具体的な学習計画を立てる上での土台となるため、十分な時間をかけて分析することをおすすめします。

下記は、試験ごとに必要となるスキルをまとめているので、洗い出すときの参考にしてください。

アプリケーション技術者向け:

  • JavaやKotlinの深い知識とプログラミング能力
  • Android SDKの詳細な利用方法
  • モバイル向けUIの最適化やレイアウト技術
  • バックグラウンド処理や非同期処理の実装方法
  • データベース操作、特にSQLiteの高度な操作方法

プラットフォーム技術者向け:

  • Android OSの深層アーキテクチャの理解
  • カーネルのカスタマイズやモジュールの追加技術
  • OS上でのセキュリティポリシーや強化手法
  • ハードウェアレベルでの最適化やトラブルシューティング

これらのスキルや知識を一つ一つ確認し、自分がどれだけ理解しているか、どこが不足しているかを明確にします。不足している部分や不明確な部分は、後の学習計画で重点的に学ぶ項目として記録しておくと良いでしょう。

学習計画を立てる

学習計画は、目的を持って効率よく学び続けるためにも大切です。まずは、試験の日程を確定し、それを目指して日々の学習スケジュールを立てます。使用する教材、オンラインでの学習リソース、Androidアプリのサンプルコードやプロジェクト、さらには模擬試験などの練習問題もリストアップしておきます。

重要なのは、ただ学習するのではなく、定期的に自分の進捗を確認し、適切なフィードバックを取り入れることです。特に、模擬試験を受験して得点や間違えた部分を分析することで、自分の弱点を確認し、それを改善する方向で学習を進めることが大切です。

学習方法を決める

学習方法は人それぞれですが、一般的には以下の3つの手法が考えられます。

  • オンライン講座:UdemyやCourseraなどのプラットフォームで提供されている講座は、最新の情報や技術を取り入れた内容となっていることが多いです。また、実際のコードを書きながら学べるので、実践的な知識が得られます。
  • 書籍:定評のある書籍は、基礎からしっかりと学べるというメリットがあります。ただし、時に情報が古い場合もあるので注意が必要です。おすすめの書籍については、後ほど詳しく解説します。
  • 実践ベース:実際にアプリを作成したり、GitHubで公開されているソースコードを読解したりすることで、実際の開発現場での知識やノウハウを学べます。

これらの手法を組み合わせることで、より効果的な学習が可能となります。特に、書籍で基礎を学びつつ、オンライン講座で最新の情報を取り入れ、実践ベースでの学習で知識を深めるという方法がおすすめです。

問題集や模擬試験を活用する

実際の試験を想定した問題集や模擬試験を活用することで、学習した内容を実践的な形で確認できます。多くの合格者は、複数の問題集を使用し、何周も問題を解くことで理解を深めています。

問題集は一度解いたら終わるのではなく、なぜその答えになるのかまでを理解し、繰り返し解き続けていくのが大切です。また、模擬試験で実際の試験に出題される内容に近い問題を解くことで、試験当日の緊張感を緩和し、自信を持って臨むことができます。

Android技術者認定試験におすすめの書籍5選

Android技術者認定試験は、技術者として高いレベルのAndroidアプリケーション開発スキルを認定する国際的にも認知された試験です。この試験は、単なる技術的なスキルだけでなく、応用力や実践的な知識も求められます。

合格するためには、集中的な学習と計画的な対策、そして良質な参考書をベースにした学習が不可欠です。そこで、試験対策の専門家たちが執筆した多くの書籍の中から、Amazonの口コミや評価、改訂頻度などの基準に基づき、おすすめの書籍を5冊紹介します。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック対策実践問題集

この本は、実際の試験で出題される可能性のある問題を多数含み、試験対策として非常に価値のある問題集です。試験の重要ポイントである「Android技術スキル標準」に対応した模擬問題は、試験の形式や質問の傾向を深く理解するのに最適です。

(参考:Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック対策実践問題集

徹底攻略 Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック問題集 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

「徹底攻略」という名の通り、このシリーズは深い内容と網羅的な情報で知られています。試験範囲のすべてのトピックに関する詳細な情報が提供されています。300問の独自の問題は、Androidの専門家によって精査され、その解説部分も非常に詳細です。

(参考:徹底攻略 Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック問題集 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略))

携帯OS教科書 Androidアプリケーション技術者ベーシック

この本は、試験対策だけでなく、Androidの基礎から応用までの知識を広げるための参考書です。章ごとに細かく区分されたトピックは、初心者から上級者までの読者に適しており、試験範囲内の各トピックに対しての深い理解を得られます。

また、実際の開発環境での経験を積むためのサンプルコードも豊富に含まれています。

(参考:携帯OS教科書 Androidアプリケーション技術者ベーシック

3週間完全マスター Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック

この本は、できるだけ短期間で合格したいという方におすすめの一冊です。3週間という短期間で、試験の全範囲をカバーするための効果的な学習方法が提案されています。Androidの基本概念から具体的な開発テクニックまで、網羅的な情報が記載されています。

(参考:3週間完全マスター Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック

Androidアプリケーション開発標準資格教科書

この本は、試験の概要から詳細な出題範囲までをカバーする一冊となっています。Androidのフレームワークやユーザインターフェースの基礎知識、さらには開発ツールやデバッグ手法に関する詳細な情報も提供しています。

章ごとの練習問題や模擬試験問題を解くことで、本番を想定した対策もしていけるでしょう。

(参考:Androidアプリケーション開発標準資格教科書

Android技術者認定試験のメリットと対象者

Android技術者認定試験は、Androidの開発能力を評価するための重要な資格です。この試験を通じて、技術者自身が自らのスキルを再確認し、さらなる向上を図ることができます。ここでは、詳細なメリットと対象者について解説します。

試験の合格とスキル証明の関係

Android技術者認定試験は試験の内容が古く、参考書も2012〜13年頃のものが最新であるという問題があります。実際のAndroid開発ではAndroid Studioが使われているのに対し、試験内容はEclipseに基づいており、現在の開発環境とは乖離があると指摘されています​​。

しかし、これらのデメリットを踏まえた上で、Android技術者認定試験にはメリットも存在するでしょう。まず、試験の学習を通じてAndroidアプリ開発の知識やスキルが体系的に身につく点です。具体的には、アプリケーションのユーザーインターフェース作成スキルや、通信関連の知識、開発環境やツールの操作知識などが挙げられます。これらの知識は、実際の開発で直接役立つものであり、学ぶ価値があります​​。

さらに、試験の合格は就職や転職、案件獲得時に自分のスキルを証明する有力な手段となり得ます。特に、未経験者や実務経験が少ない場合には、このような資格は自分の能力をアピールする際の強力な材料となるでしょう。

これらのメリットを考慮すると、試験のデメリットを認識しつつも、Androidの基礎を学ぶ価値はあり、さらには対外的にスキルを証明する意味でも、Android技術者認定試験を受験することには一定のメリットがあるといえます。

認定試験を受験すべき方の特徴

認定試験は、初心者エンジニアからベテランエンジニアまで、さまざまなバックグラウンドを持つ技術者たちに対して、多くのメリットをもたらします。ここでは、3つのケースに分けて解説します。

  • 既にAndroidエンジニアとして活躍している方:自らのスキルを再評価する機会として、または新しい技術領域への挑戦の足がかりとして、試験の受験が考えられます。この学習過程で、未熟な部分に気づくことができるでしょう。
  • 何か目標を持ちたい方:日々の業務の中で、学習意欲が低下することもあります。試験の受験を目標にすることで、新しいモチベーションの向上が期待されます。
  • Androidエンジニアへの転職を考えている方:新しいフィールドへのステップアップを考えている方にとって、資格はその決断の後押しとなるでしょう。また、転職市場では、資格を持つ者と持たざる者との間での競争が激しくなることも予想されるため、資格によって転職が有利になる可能性が高いです。

Android技術者認定試験は、現代の技術者にとって、キャリア形成やスキルセットの再確認、さらには新たな挑戦への第一歩として、非常に価値のある資格です。今後のキャリアの展望を広げるためにも、受験を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Android技術者認定試験は、Androidアプリ開発の能力を証明する公的な手段として位置づけられています。試験に合格することで、技術的な知識と実践能力が一定の基準を満たしていることが認められるでしょう。

特にキャリアの初期段階やスキルアップを目指す方にとっては、学びのモチベーションや、スキル証明としての価値が高まる試験です。試験合格を目指す方は、今回の記事を参考にしっかりとした勉強法と、実践に通じた学習をしていきましょう。

フリーランスになって年収アップを狙うならTECH STOCK!

TECH STOCKを運営するINTLOOP株式会社はコンサルティング会社としての経験・実績があるため、ご発注企業様との強い信頼関係があるのが特徴。直受け案件を多数紹介できることから、高単価案件をご案内することが可能です。

関連する記事

おすすめの記事

スキルアップ
Webエンジニアに資格は必要か?おすすめの資格19選

Webエンジニアにとって転職やキャリアアップで重視されるポイントは、スキルや経験です。職務経歴書などで概要は伝えられますが、より詳しいスキルレベルを伝えるには資格の取得が有効な手段となります。もちろん、資格取得のための学習もスキル習得に有用です。

しかしながら、Webエンジニアの業務に関連する資格は非常に多く、どれを選ぶべきか迷うかもしれません。本記事では、Webエンジニアに関係する資格を整理して紹介します。担当分野別におすすめ資格をあげていますので、参考にして頂ければ幸いです。

\システムエンジニア案件多数!/

スキルアップ
システムエンジニアになるために何を勉強する?勉強方法と資格の選び方

将来性の高さを見込んで、システムエンジニアに転身することを検討している方は少なくありません。システムエンジニアになるまでの道のりは長いものの、学習のための教材は豊富にあり、学習を始めるハードルは低いといえます。

そこで本記事では、システムエンジニアになるために必要な知識や勉強方法、資格についてご紹介します。

\システムエンジニア案件多数!/

スキルアップ
Swiftエンジニアにオススメの資格とは?資格取得のメリットも

エンジニアの市場価値は、主にスキルや経験によって評価されます。しかし、経験は職務履歴書である程度は伝えられますが、スキルを明確に示すのは簡単ではありません。なぜなら、資料や面接での口頭試問で測られるものの、スキルなどは面接官によって伝わるとは限らないからです。

そのような際に伝わりやすいのが、第三者を通してスキルを証明できる方法として資格の取得があります。特にSwiftエンジニアの場合、Apple社の認定資格App Development with Swiftがスキルを示す資格として有効です。この記事では、Swiftエンジニアに向けて資格取得のメリット、取得のための学習方法などを中心に紹介します。

\Swift案件多数!/