フリーランス

フリーランスを副業で始めるためには何をすればいいの?メリットやデメリットも解説!

更新日 2024/06/11

柔軟な働き方が広まる昨今では、副業でフリーランスとして働く選択肢も珍しくはありません。

この記事では、フリーランスの副業が向いている人や、副業を始めるために必要なこと、そのメリットとデメリットなどを解説します。

\高待遇・高報酬案件多数!/案件を見てみる

どんな人にフリーランスの副業が向いているのか

フリーランスの仕事はデータ入力やライティングから、WEB製作のような技術が必要なものまであります。時間に余裕ができた時に、これらのことを短時間でできる技術を持った人におすすめです。

TECH STOCKでは、自身の市場価値を高めるセルフブランディングの方法に関する資料を配布しています。

\自身の市場価値を高めたいあなたへ/

副業にはどんな仕事があるのか

副業にも現在は色々な種類の仕事があります。それぞれご紹介致します。

在宅ワークがおすすめ

在宅ワークのメリットはなんといっても、時間に余裕ができるところです。通勤時間だけでも1日に2時間以上かけている人が多いでしょうし、さらには特に営業マンであれば移動時間も多くなります。また朝準備する時間も必要になります。在宅ワークであればその時間がなくなります。

また銀行や病院、子供の送り迎えなど自分のペースで仕事をする事ができプライベートが充実することにより仕事により成果がでることもあるのです。

どんな在宅ワークがあるのか

在宅ワークといっても、データ入力、ライター、テープ起こしなどのある程度の技術があれば誰でもできる仕事から、WEB製作やWEBデザイナーなど知識や技術が必要な仕事もあります。アルバイト感覚の仕事から、個人事業主としての仕事まであるということです。

本業にする方もいれば、主婦の方が時間のある時にできる仕事まで様々な仕事があります。またメインの仕事が他にあり、副業でやっている方もいらっしゃるでしょう。

フリーランスエンジニアの案件紹介サービスTECH STOCKには、リモート案件が多数ございます。スキルや希望にマッチする案件をご紹介、即アサインも可能です。フリーランスになって働き方を変えるならTECH STOCKにお任せください。

TECH STOCKはフリーランス・ITエンジニアのための案件紹介サイトです

\働き方を変えるなら/

副業は法律的にどうなの?

現在は副業推進の方向であるという新聞記事をよく見ますが、憲法や労働法では定められておらず、それぞれの企業での就業規定に委ねている状況です。積極的に副業を推進している企業もあれば、本業に支障があるのではないかと禁止している企業も多くあります。

憲法や労働関連の法律について

憲法や労働関連の法律には現在、副業禁止という項目はありません。しかし気をつけないといけないのは、法定の労働時間は労働基準法38条により、「労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。」とあります。現状ではこの点が副業を推進するにあたりネックとなっています。

就業規則

法律的には就業規則に副業禁止を入れることはできません。就業時間外に何をしようか自由なのです。しかし副業の負担が大きすぎて本業に支障がでる場合、本業と副業が競合会社であり信頼を失うことになる場合などは、副業禁止を法律的に認めております。

関連記事
フリーランス
副業したら会社にバレるの?副業をする際の注意点を徹底解説!

アルバイトだけではなく、アフィリエイトやFXなどあいた時間で副業をする会社員が増えています。給与だけでは生活が安定しない、将来が不安など色々な理由があります。しかし多くの会社では副業は禁止しています。
ここではなぜ会社が副業を禁止するのか、また副業がばれてしまう経路や対策をご紹介します。

\スキマ時間に案件を見てみる/簡単60秒登録

副業の確定申告は必要?しないとどうなる?

サラリーマンの方が副業をした場合は、副業での所得が20万円以下の場合であれば、確定申告をしなくてもよいのですが、20万円を超えた場合は確定申告が必要となります。また所得は売り上げから経費をひいたものとなるので、経費を必ず計算するようにしましょう。

副業の収入が20万円以上超えた場合

本業以外の副業の所得が20万円を超えた場合は、確定申告が必要になります。副業が内職やクラウドソーシングの場合は、事業所得か雑所得となります。

確定申告をする必要がある人がもししなかった場合、無申告加算税の支払いが発生します。また延滞税の支払いが必要になるので、必ず確定申告をするようにしてください。

関連記事
フリーランス
【保存版】フリーランスの確定申告でやるべきこと総まとめ!

フリーランスであっても収入額に応じて、確定申告が必要となります。初めての方であれば、何からはじめたらよいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。そこでここでは、確定申告の基礎的なことから、節税をするための方法などご紹介します。

\今より年収をあげたいあなたへ/簡単60秒で会員登録

法定調書

法定調書は税務署に提出書類で、支払いがあった時に税務署がお金の動きを把握できるように提出するものです。副業をした場合は翌年の1月末までに提出する必要があるのです。しっかりと税金を支払った上で、この書類の提出が必要となるので注意をするようにしてください。

フリーランスの副業のメリットとデメリット

フリーランスの副業にもメリットとデメリットがあります。
それぞれをご紹介します。

副業のメリット

本業以外にも収入を得ることができ、副業での所得は20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。また20万円を超えても雑所得となることが多く、収入から経費をひくことができるので、税制上でもメリットがあります。

副業のデメリット

デメリットは副業をすることで時間や体力的にも負担になりますし、本業に著しく支障がでる場合は最悪の場合解雇もありえます。会社の就業規則で副業禁止と記載されている会社もあるので、注意が必要です。

まとめ

本業の他に副業をすると収入面でのメリットが大きく、空いた時間などを使い在宅での仕事も多くあります。また所得が1年間で20万円を超えなければ確定申告をする必要はないですし、20万円を超えても雑所得となるので、収入から経費を引くことができます。

しかし副業は体調面などに負担がかかり、会社の就業規約にも副業禁止と書かれている会社もあるので先に確認をするようにしてください。

 

フリーランスエンジニアの案件紹介ならTECH STOCK!

TECH STOCKは直受け案件・高単価案件が豊富なフリーランスエンジニアの案件紹介サービスです。案件獲得のためのフォローアップも充実!初めての案件探しをサポートします。

関連する記事

おすすめの記事

フリーランス
フリーランスエンジニア必見!準委任契約とは?請負との違いや注意点を解説

フリーランスエンジニアとして案件を獲得したら、クライアントとの契約手続きに進みます。フリーランスが交わす業務委託契約には、請負契約と準委任契約の大きく2種類があります。

本記事では、アジャイル開発や中長期的なプロジェクトで用いられる準委任契約の種類や、請負契約など他の契約形態との違いについて解説します。

契約締結から報酬の支払いまでの流れと注意点についても紹介するので、初めての契約で不安を感じているITエンジニアの方は最後まで読んでみてください。

\フリーランスのお悩みを相談するなら/
簡単60秒で会員登録

フリーランス
フリーランスエンジニア・個人事業主に屋号は必要?決め方を解説

ITエンジニアとして一定年数経験を積んだら、フリーランスとして案件を受注してさらに収入を増やしたいと考える方は少なくありません。しかし、独立に際して屋号を決めてからでないと案件を受注できないのかなど、気になることが多いのではないでしょうか。

本記事ではフリーランスや個人事業主に屋号は必要なのか、屋号の決め方やメリットを解説し、フリーランスエンジニアの屋号のネーミング例も紹介します。

\働き方を変えるなら!/簡単60秒で会員登録

フリーランス
フリーランス始め方ガイド~フリーランスを目指す方が読むべき記事をまとめてご紹介~

働き方が多様化する近年、フリーランスエンジニアという選択肢を取る方が増加傾向にあります。勤務時間や場所を自由に働くことが可能である、年収をアップさせることができるなど、成功すると多くのメリットが得られます。

しかし、フリーランスエンジニアになるにはどうすればいいのかと不安に感じる方も多いと思います。
そこで、本ガイドではフリーランス転向前に知っておきたいフリーランスエンジニアの実情や必要な書類、手続きなどについてご説明します。
ぜひ、お使いのブラウザでブックマークをしていただけると幸いです。

\フリーランスに興味がある方へ/