スキルアップ

機械学習とディープラーニングの違いを徹底解説!

更新日 2022/05/16
コンピューターの技術が発達し、機械学習にも変化が見られます。金融や医療、マーケティングなど色々な分野で機械学習の活躍の場が増えています。業務効率の向上など機械学習の効果が認識されているのです。それではディープラーニングと機械学習の違いはどこにあるのでしょうか。

1.機械学習とは

1.教師あり学習

これまでのデータがある時に使われる手法であり、これらのデータをもとに、取引上に不正の疑いがあるなど今後起こりそうな事象を予測します。また明日の天気の予測にも使われることがあります。これまでのデータを把握し、今後どのような動きをするのかを判別するのです。

2.教師なし学習

教師ありの時のように、履歴ラベルがないデータの場合は、この教師なし学習という手法が利用されます。データを探索して構造を探し出すことが大きな目的となり、自己組織マップやk平均法クラスタリング、特異値分解などの手法が利用されることが多くなっています。

3.強化学習

ロボット工学やゲーミングなどでよく使われているアルゴリズムであり、エージェント環境アクションという3つの構成要素から成り立っている学習方法です。決まった期間で、できるだけ多くの報酬が得ることが目的となります。教師あり学習と違い明確な答えが与えられていないことが特徴です。将棋や囲碁のように、選択肢が無数にある中から最も効率のよい行動を探します。

4.機械学習でできること

人間では大変な、大量のデータを分析できることがメリットであり、収益やリスク回避へとつなげていきます。短時間で、データを分析して正確な結果へとつなげることができるのです。ビジネスから、天気予報など実生活にも使われています。

2.ディープラーニング(深層学習)とは

1.人工知能>機械学習>ディープラーニング(深層学習)の構図であるということ

人工知能というのは、人間の知能と同じレベルと考えてよいもので機械学習は人工知能を構築するための一つの方法です。ディープラーニングは機械学習を発展させた方法ではあるのですが、大量のデータが必要になり、データを選び間違えると方向性が変わってしまうことがデメリットとなります。 そのため、人工知能>機械学習>ディープラーニング(深層学習)というような構図ができあがるのです。

2.ディープラーニング(深層学習)はニュートラルネットワーク用いた学習である

人間の神経細胞の仕組みを利用したニュートラルネットワークと、コンピューティングの性能を組み合わせることにより、さらに複雑なデータを自動的に学習することができるのです。 またこれまでの機械学習と比べて、さらに正確で効率的な判断をすることができるため、音声認識や画像認識などをすることができます。

3.ディープラーニングでできること(画像認識・音声認識・自然言語処理)

ディープラーニングの技術として代表的なものは、画像認識・音声認識・自然言語処理・異常検知があります。それぞれ仕組みを見ていきましょう。 画像認識 画像認識技術では、コンピューターに大量の画像・動画データの特徴を学習させることで新しい画像を与えた際、その画像が何であるかを識別することができます。身近な例では、デジタルカメラやスマートフォンなどに取り入れられています。 音声認識 音声認識は画像認識と同様に、事前に収集した大量の音声データを参考にします。人の発音には特徴があると言われています。例えば、「え」は高い音域で「い」は低い音域である、というものをコンピューターに学習させ、一つの単語を認識させます。これが音声認識の仕組みで、例として最も有名なのが、iPhoneの一つの機能であるSiriです。また最近話題のスマートスピーカーにも音声認識の技術が内蔵されています。 自然言語処理 自然言語処理は大量の文章データを参考にし、「形態素解析→構文解析→意味解析→文脈解析」の順に解析が行われていきます。自然言語処理の最も身近な事例がパソコンやスマートフォンにおける予測変換機能です。また、Google翻訳などの翻訳機能としても活躍しています。

4.今後のディープラーニング

ディープラーニングを使うことにより、これまでの機械学習ではできなかった複雑なデータを処理することができるようになります。そのため、人間の負担を減らすことができ効率化を進めていくことができます。 製造業、農業などIT分野以外にも様々な分野において活躍の場が広がっていくことでしょう。

3.まとめ

機械学習とは人工知能を形成するための一つの方法であり、その機械学習を発展させたものがディープラーニングです。ディープラーニングはこれまでの機械学習ではできなかった複雑のデータを扱うなど、より人工知能の精度を上げることができる技術なのです。現在では、自動運転やがん細胞の検出など様々な分野でディープラーニングが活用されているのです。

関連する記事

おすすめの記事

スキルアップ
2022年最新版!AIに関連する資格まとめ ~それぞれの取得メリットを解説~
AI(Artifical Intelligence)は現在、ビジネスで非常に注目されている技術です。「AI搭載家電」、「AIを活用した営業」、「AI型教材」など、日常で使用している様々なものや仕組みにAIが利用されるようになってきています。これからもAIを使用した商品はどんどん開発されることが予想されるため、これからの時代その仕組みを理解しておけば仕事の幅を広げることができるはずです。今回は、AIに関する知識を得るための手段の一つとしてAI関連の資格についてまとめてみました。
スキルアップ
その会議、出る意味ありますか?~無駄な会議を無くし、生産性を高めよう~
私たちが仕事をしていく中で、必ずと言っていいほど『会議』というイベントが存在します。
会議は、会社の方向性を決める経営戦略会議から、課会やチームの定例会など大小様々な規模と内容で行われています。一週間の間に一度も会議がない、ということは極めて稀なのではないでしょうか。
私たちは、日々の業務の中で、自分たちが思うよりずっと多くの時間と労力を会議に費やしています。一度会議を行うだけでも、調整、準備、実施、後処理と多くの工数がかかります。さらに、実施だけに着目すると、会議に8人が出席し、1時間の議論をするだけで、1人の人が丸一日働いた時と同じくらいの工数がかかっていると言えます。もし、このような会議で議論がまとまらなくて目的を果たせなかったら、丸一日が無駄になってしまうのです。

このように、会議は仕事上で多くのウェイトを占め、多くの人に影響を与えます。非効率な会議ばかりをしていると、組織の生産性は著しく損なわれてしまうのです。あなたとあなたの周りの人の生産性が失われないよう、ひいては、組織の生産性を失わず、より効率よく会議を運営していくには何が必要なのか、考えていきたいと思います。
スキルアップ
他社事例を求めるクライアントの言葉の裏に潜んでいるホンネ ~相手を観察して、精度の高いアウトプットを出すには~
クライアントと接していると、他社事例の紹介を要求されることがあります。その言葉をそのまま受け止めて、社内の事例をかき集めていませんか?迅速に対応したいのは、やまやまでしょうが、ここでひと呼吸おいて、言葉の真意を探ってみることが重要です。
クライアントの言葉の真意について仮説を立て、それに沿った内容の事例を紹介することで、精度の高いアウトプットとなり、信用度も増し、案件のクロージングといった業務のゴールへ近づくことになります。
また、クライアントの真意を踏まえたうえで、自らのエネルギーの配分をコントロールすることが出来て、生産性を向上することが出来ます。
かくゆう筆者は、12年間のSE経験ののち、8年間外資系コンサルタント会社にフリーランスで契約し、戦略、IT、PMOコンサルタントとして活動していました。当時、クライアントとの人間関係構築や真意の把握に苦労した経験を持っています。そのころから、心理学、コミュニケーションについて学びはじめ、業務で実践して、とても効果的だったと実感しています。本記事を読んでいただき、精度の高いアウトプットを作成し、生産性向上の一助になれば、幸いです。